FC2ブログ

あと一問、もう一点

中学3年生の学年末テストが終了しました。
これからは、高校入試にむけての最後の頑張りです。
今月末には私立高校推薦入試を皮切りとして、2月初旬に私立一般入試、そして公立高校入試が3月初旬に控えています。
今まで勉強してきたことを確認・点検する時期です。

高木ゼミでは先週土曜日『高校入試 テストゼミ』がスタートしました。入試本番に見立てた5科目のテストと解説授業で、入試に向けた最終確認を行うのがこの講座。
「あと一問、もう一問」が合言葉です。

毎回の得点は気になるところです。
しかし、取ってしまった点よりも大切なこと、
それは ―― 解き直し、教科書などを使った確認 ―― です。
間違えた箇所、忘れかけていた内容をまずは認識すること、そして振り返ることで『あと一問、もう一問』確実にしていきたいですね。

VW(ビジョン&ワークハード)!
…目的を明確にして直しを見ましょうネ

村上先生より

200120ブログ用
昨年のテストゼミの『直しノート』

緊張感高まる!

以前間違えた問題を、解ききれず悔しがる生徒
理解できていない過去問をたくさん持って質問にくる生徒
計画に沿って、タイマー片手に黙々と取り組む生徒
入試を楽しみと言って、わくわくしている生徒
かばんに下がるお守りの数が、増えていく生徒

いよいよ明日から本格的に私立中学入試がスタートします。
それぞれに緊張感が高まっています。
体調を整えて、己を信じ、【絶対合格できるという強い気持ち】を持って
第1志望校に合格しようぜ!!


尾之内先生より

なんて訳そう

 『Anything is possible.』

ある洋画のCMで耳にしました。
元々は舞台作品なのかな?『猫』がモチーフのアレです。
とにかく、超がつくほど有名なタイトル。
(とは言うものの、私は見たことがありません……)

—— Anything is possible.
しかし、何て訳せばいいのでしょう。
(流し見をしていたので、正式な訳語は見落としてしまいました)
 すべてのことは、可能である。
 すべてはキミ次第。
  …… いろいろな言葉が頭に浮んでは消えていきました。
 『不可能なんてない。』
  自分なりにはこれが一番しっくりきているかな。

劇中のセリフですから、正解はあるのでしょう。
でも、調べなくてもいいかな、と思っています。

理由は分からないけれど、私はこの言葉に心動かされました。
言葉には、人の心を動かす不思議な力があります。
2020年、授業という言葉を通して、子どもたちの心を何か一つでも動かしたい。
 Anything is possible.


外山先生より

今年の抱負

あなたの2020年の抱負は何ですか?
わたしは「笑顔溢れる年にする」です!

2019年は皆さんのおかげで楽しい年になりました。
本当によく笑った年だったと思います。
2020年はそれ以上に楽しく笑顔の溢れる年にしたいです。
遅くなりましたが、ことしも宜しくお願いします(^^)

さて、学年末テストがすぐそこに迫ってきていますね。
良いスタートを切るためにはここでの結果が重要です。
笑顔で春を迎えられるように、しっかりと準備をしましょう!


2020年も笑顔で頑張っていきます!
あなたの今年の夢を聞かせてくださいね!


沖津先生より

3学期授業開始

高木ゼミでは、本日から3学期の授業がスタートします!

 

中3生は、学年末テストを皮切りに私立推薦入試、私立一般入試、公立入試が行われます。

中1・2生は、学年末テストのおよそ1か月前に当たります。

 

3学期は短いですが、テストや入試が控えています。

焦らず、今できることから確実にやり切っていきましょう!

 

田端先生より

今日から、再始動

本日の模擬試験で冬期講習は一区切りです。「終わった」って感じですね。

 

けれど、

 

中3の皆さんは、新しい『春』に向かって、学年末テスト、私立高校入試、公立高校入試と濃密なスケジュールが続きます。

中2までの皆さんは、『新学年』を迎えるために、一年間で学んだことに決着をつける時期です。

 

本日の模擬試験の手応えはどうでしたか?

  「難しかった」「出来なかった」と答えてくれたあなた、『何が』難しくて、出来なかったのでしょうか?

  「けっこう出来た」って答えてくれたあなた、そんな手応えがあったのは『どこ』に理由があるのでしょうか?

 

「解答・解説集」や「教科書」を参考にしながら、『再確認』をしましょうね。

新しいステージへの準備として。

 

村上先生より

「雲外蒼天」(うんがいそうてん)

新年あけまして、おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

いよいよ国・私立中学入試が目の前にやってきました。
駿英会6年生の『正月特訓』は本日最終日です。毎年思う事ですが、小学生には少々酷な正月でした。
『正月特訓』は80分(70分)の授業が連続します。今年も、小6受験生の集中力は本当に見事なものでした。

「雲外蒼天」という言葉があります。
「雲」は困難を暗示しており、その困難を乗り越えれば青空が望めるという前向きな言葉です。何か挑戦している人を励ましてくれる四字熟語です。

来週から国・私立中学入試が始まり、受験終了まで5週間。
澄み切った青空を、受験生と共に見たい!
全員無事第1志望校に合格して欲しいと切に願います。


尾之内先生より

2020 上質な学び




皆様のあたたかいご支援のおかげで、

本年、開設39周年を迎えさせていただきます。

まことにありがとうございます。

 

これまでのご支援に応えて、上質な学びを安価にご提供できるよう、講座のリニューアル・社内研修の強化に取り組んでまいります。

これからも高木ゼミを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

高木ゼミ塾長 高木 貴徳

合格祈願!

1日目の締めくくりとして、恒例の合格祈願を行いました。

2020年に向けた熱い思いを、一人ひとりに書き出してもらいました。

明日は2020年最初の授業です。良いスタートを切りましょう!


200101_越年特訓②

(高木ゼミ合格神社!みなさんの努力が実りますように!)



高木ゼミスタッフ一同


中3越年特訓スタート!

いよいよ、中3越年特訓がスタートしました。


大晦日の本日は、集まった生徒全員で勉強をしながら年を越します。

例年にも増して多くの生徒が参加してくれているので、我々スタッフもさらに気合が入っています!


今日から3日間、一緒にがんばるぞ!

 

191231_越年特訓①

  (1日目からエンジン全開で行きましょう

 

 

高木ゼミスタッフ一同



プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード