FC2ブログ

高木ゼミ小学部の授業が大きく変わります

3月に開講した駿英会や中学部に続いて、今日から小学部、進学個別Winそして高校部の新学期授業が始まりました。

 

高木ゼミ小学部の授業は、今春より大きく変わります。

IMG_5199.jpg 

  高木ゼミ小学部親子英語体験の様子(3月実施)

 

古い話ですが、我が家の英語教育について思い出します。教育熱心とは言えない親ですから、子どもが幼いころから英語に触れさせるなんていう腹は毛頭ありませんでした。

  中学校からちゃんとやれば大丈夫

と自分の経験をもとに判断して、特に何もさせていませんでした。

そんな中、小5になった娘の小学校での英語学習が始まったのです。なんと、アルファベットの勉強の後に習ったのが道案内の英文だったのです。

我が子はすでに忘れてしまったようですが、私自身は鮮明に覚えています。

  Excuse me, but could you tell me the way to the library?

英文の下には、たどたどしい字で「イクスキューズミー、バックッドユーテルミダウエイ…」。担任の先生は、「日常で使える英語」という発想から、このスキットを覚えさせようとしたのでしょうが…。子ども曰く「(授業時間中)何をしているのかわからなかった。英語は『嫌い!』」と。もう10年も前の話です。

当時は、小学校から英語に親しむことが必要だっていう掛け声だけで、(保護者としては)内容が伴っているようには思われませんでした。

 

今、小学校の英語学習については、取り組みが大きく変わろうとしています。

それは、2018年から『教科』になる――つまり通知表に評価がつく――こともそうなんですが、「聞く・話す・読む・書く」4技能全般にわたって英語を使えるようにすることを今までとは比べ物にならないくらい本腰で目指している点です。

中3での全国学力状況調査の一環として30語程度の英文づくりが採用されるとか、大学入試に英語4技能を測る外部テストを導入するなどの報道からも覗い知ることができます。

 

小学英語は体育などの実技系科目と同じだと思います。実際に使うことに重きが置かれて当然です。ただし、やみくもに走る訓練をすれば足が速くなるわけでもありません。走るための訓練をどのような順序で行うのか、また速く走るための論理も必要です。

小学英語は、4技能全般にわたってまずはやってみることが中心です(宿題も、聞く・話す・読む・書く、すべてにわたって出します!)が、「何を」「どのような順序で」「どんな理由」で行うのかを明らかにしながら進めていきたいと思っています。

 

村上先生より

4月から小学生の錬成クラスでは、『国語力マスター』の授業がスタートします。

この取り組みは、昨年の冬期講習で行った『慣用句マスター』をさらに深め、他の内容も含めて年間講座として実施するものです。

今、その準備をいろいろ行っています。

 

その中で考えたことです。

 

『道』という漢字

私はこの漢字を、外敵の首を道に埋めて外敵の侵入を防ぐとか、道に外敵の首持ち歩いて道にはびこる怨霊を鎮める、だから「しんにゅう(しんにょう)」に「首」という字になると覚えた記憶があります。

 

ところが、調べてみると、

人間の「首」は食道、気管、血管などの通り道が集中している場所であるからであるとか、遠くまで人の顔がはっきり見渡せる場所であったからとか、いろいろな説があるようです。

 

先に書いた「おどろおどろしい」道の語源は、『道を説く』などと使う「道」とのギャップが大きく、なんとなく自分の印象に残ったのだと思います。塾の講師の「性」ではないですが、「面白い! 使えそう!!」って考えたのだと思います。

ただ、その語源について、自ら調べたわけではなく…。

ギャップの大きさには「何か」あるかも知れないって思ったのですが……。

 

物事を無批判に受け入れることは慎まなければ…… と自分を戒めた次第。

 

 

村上先生より

新中1保護者会

本日、知多本校と常滑本郷校で、新中1の保護者の方を対象の保護者会を実施しました。

130126_1.jpg

あと2か月余りと迫った中学進学に向け、
1.公立中学の現在の様子――内申のつけ方や、中学校での勉強の仕方、高校入試の仕組み
2.そのもとでの高木ゼミ中学部の指導方法
について、資料をもとにお話させていただきました。

130126_2.jpg

同じ時間に、別の教室では多くの小6生が英検4級や5級にチャレンジしています。

130126_3.jpg

ご出席いただいたお父様・お母様、お忙しい中ありがとうございました。
そして英語検定にチャレンジした皆さん、お疲れ様でした。

高木ゼミスタッフ一同

懇談会が始まりました

本日から3日間、常滑本郷校の懇談会を行っています。

121203.jpg

再来週には冬休みが始まります。
2学期の取り組みはいかがでしたか?
よかった点は、そのまま続けて行きたいですね。

中3生はこの冬が正念場になります。
今回の懇談会をきっかけに、もう一度自分をしっかり見直しましょう。

受験生に限らず、よき水先案内人になれればと思っています。
気になることがありましたら、どのような些細なことでも声をお掛けください。

杉江先生より

明日から懇談会

高木ゼミでは12月上旬保護者の方を招いて、三者懇談を実施します。
知多本校でも明日4日から6日までの3日間ですべてのお子さんの懇談会を行います。

中学3年生は、志望校の最終確認と残り100日の受験勉強の設計が中心になります。
子どもたちにとっては自分で自分の進路を決めるという、今までにない決断を迫られることになります。中には、意味もなく不安にかられたり、結論を先延ばしにしようという逃避行動にでたりするお子さんも現れます。

具体的な勉強のアドバイスも当然ですが、子どもたちの良い面を挙げて「YOU ARE OK!」と伝えたいと思っています。

村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード