FC2ブログ

破壊の衝動は創造の衝動でもある、とは言え

「変化の激しい時代において、新たな価値を創造していく力を育成するために、高大接続改革の取り組みを進めています。」(文部科学省のホームページ_トップ>教育>大学・大学院、専門教育>高大接続改革

 

「新たな価値」を「創造」するべく、「大学入試センター試験」を廃止し、「大学入学共通テスト」を導入する。この新テストには数学と国語で記述解答問題を設定し、英語においては、「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能の力を測るべく、民間の英語試験も導入する。

 

これに対し、東京大学が異を唱え(東京大学ホームページ_HOME>入学案内>学部入学>2020年度(2021年度入学者選抜)以降における入学者選抜方法の検討について_9月25日)、はたして全国の大学は、この新試験の取扱いをどうするのだろう、と注目されています。

 

これまでウチの大学は、文科省さんの指示で、ウチの大学が創造したい価値を「アドミッション・ポリシー」としてはっきりと示し、「センター試験」で測りたい学力と、個別入学試験(いわゆる「2次試験」)で測りたい学力を分けて、入学者選抜を行ってきたんですよ。それをいきなり「新しい価値」という具体性のないことばだけを掲げて、「『センター試験』に相当する1次試験で読解力・記述力だけでなく、英語の4技能能力も測ります、受験生にとって受験の公平性が損なわれる可能性がゼロとは言い切れませんが、各大学、入学者選抜に新試験を導入してください」、なんて言われても、無条件にすべて受け入れますというわけにはいかないじゃないですか、そうですよね?……ということです、すごく単純に言うと。

 

破壊されたあの女の子、ちょうど半分、しかも赤いハート型の風船が描かれた部分とちゃんとつながったままで、きれいに縦に裁断されたあの絵画は、あの事件によって、あの形で、落札者に新たな資本主義的な価値を生み出したことでしょう(ピカソが言った「価値」を生んだのかどうかはよくわかりません)。

 

しかし、2020年以降の数年間で破壊(あえてこの言葉を使います)されるのは、描かれた女の子ではなく、60万人近い受験生(の時間)です。60万人の若者の時間を破壊して、どこかで別のだれかが利益を手にするなど許されません。受験勉強という暗い苦しみの時間を宙づりにせず、「彼らの新しい価値」へ接続していくために、文科省も各大学も、受験生以上にまだまだ苦しまなければなりません。

もちろん私たちも、彼らのすぐそばで、彼らといっしょに悩み、考えつづけます。

灰色の男はどこにいる?

先日、高校3年の受験生からこんな質問を受けました。

 

「時間がないんです!どうしたらいいでしょう?」

 

 

―ほほぉ、よく気づいたね。「灰色の男」からとり返しますか?

「は?何のことですか???」

―え?『モモ』のことでしょ?ミヒャエル・エンデの『モモ』

「なんですか、それ?」

―文学です。

「もう、冗談やめてくださいよ。小説なんて読んでる暇ありませんよ」

―じゃあ、読む「時間」をつくりだしなさいよ。

「どうやってですか?」

―ジャン!

 

180907_02.png  

 

「円グラフですか?」

―学校以外で自分が使える時間を6時間として、グルリ360度が6時間。いつもどうやって過ごしているんですか?

「ええと……(書き書き)」

―英語!数IA!生基!化基!古文!しか書いてないですけど……?

「え?内容ですか?」

―もちろん!

「英語は代ゼミの講座のテキストを解き直してて、数学は学校の問題集に加えて、チャートをやりはじめて……生物と化学も学校の問題集を解き直して、古文は単語と……ああ!英単語も!」

―6時間で!???

「だからぁ、『時間がない』って言ったじゃないですか!!」

―だからぁ、とりかえしなさいって!

「どこから?」

―どうして「どこ」?

「なんとなく……」

―「灰色の男」からです!

「だれですか、それ!?」

―あなたの頭の中にいるでしょ?

「はぁ??????」

 

―何を勉強すべきかもっと明確に決めることができますか?

いい? あなたの頭の中は今、グレーなんです、きっと。灰色。

「??」

―センター試験、受験するよね?

「はい…」

―過去問解いた?

「まだ……です」

―解きなさい。

できないところがあって当然だから。でも、ほら、こうやって出題単元や学習のポイントがちゃんと説明されてるでしょ!

 

180907_01.jpg  

 

できなかったところを、代ゼミのテキストとかチャートとかを使って補強するの。

漠然と「『数学IA』の勉強しまぁ~す」じゃなくて、「『2次関数の変域』問題が弱いから、そこを集中的に補う3日間!」みたいに、もっと具体的に、明確に!

 

そうそう、2次試験の過去問も解いてみなさいよ。解けない問題がいっぱいあってもいいから。2次試験の問題だって、赤本にはちゃんと出題内容や傾向が解説されているんだから。

 

センターまで残り19週、2次試験まではあと24週あります!

「今」の自分に足りないところ、

「今」の自分に足りないところ、って過去問解きながら勉強していけば大丈夫です!

 

―それから、追加事項! 1週間は5日で考えなさい。

「時間なくなっちゃうじゃないですか?」

―5日間、過去問解く+できていない単元に戻って基礎を復習。2日間は計画通り進まなかったところを調整したり、5日間で解いた問題の解き直しをする。

解きっぱなし、勉強しっぱなしはだめです。そもそも計画立てたってその通り進むことのほうが稀なんだから。調整は必要必要。

 

―まず、センターの過去問を何年のものでもいいから解いて、持っていらっしゃい!補強が必要な単元をリストアップして、タイムスケジュール作りを手伝ってあげます!

― 「灰色の男」から時間をとりかえすぞ!

 

「だから、だれですか、それ?」

第2回全統マーク模試

8月5日(日)、近隣の多くの高校で「全統マーク模試」が実施されます。
「大学入試センター試験(リスニングテスト含む)および私立大入試、短大入試でのマーク式問題対策を目的とした模試です。」(河合塾HPより)

「模擬」試験ですから、本番を想定して臨みましょう。 鉛筆の用意は大丈夫ですか?

そして模試の当日、あるいは翌日に、必ず自己採点をしましょう。

どうしたら模試が活用できるのか、いくつかヒントを挙げておきます。


◎模試前_自分の現時点での学習終了範囲を確定しておく

理科、社会を除くほぼすべての科目で、出題範囲は「全範囲」となります。自分の問題集や参考書を見返し、模試当日までに自分がどこまで受験勉強を(ひとまず)終えているのか確定しておきましょう。

◎模試終了直後_自分の受験勉強の進度を確認する

自己採点表には各大問の出題範囲が明記されているはず。自分がまだ受験勉強をしていない範囲から何点くらい出題されているのかを確認し、第3回(最終)模試が実施される11月初めまでの学習スケジュールを修正しましょう。

◎模試終了直後_自分のミスの傾向をつかむ

「解き直しでは解けた」、そんな問題があった場合、なぜ模試受験中にその問題が解けなかったのかを分析しましょう。難しい問題に時間を取られ過ぎたため?それともケアレスミス?次の模試までの期間に何年分も「センター」過去問を解くはず。その時に注意すべきポイントが見えてきます。

◎模試成績返却後_自分が解けなかった問題のうち、正答率が高いものから順に問題を分析

9月10日以降、詳細な模試成績が返却されたら、必ずもう一度問題を解き直しましょう。模試で出題される問題は、入試でよく出題される分野と問題形式です。本番で確実に得点するために、同じ問題を1ヶ月後にくりかえし解いてみることは効果的です。その際、分析資料(全統模試の場合は「全統マーク模試ANTENNA」)にも目を通しましょう。 学習のヒントが満載です!

夏休みの真ん中に実施されるこの模試を有効に活用し、有意義な夏にしましょう。 応援しています!


高校部より

高1・2 センター試験にチャレンジ

センター試験2日目の今日、高1、高2生が新知校に集まり、3年生が受験したものと同一の問題を本番と同じように解くイベント『センターチャレンジ』に挑戦しました。


IMG_0758b.jpg


今年の3年生も昨年、一昨年と参加し、本番の問題のボリュウム、難度、緊張感を体験してきています。また、本番と同じ日に行うことで外の寒さまでも体験します。

 

高校生活の3年間は矢のように過ぎていきます。

大きな夢を描き、悔いを残さぬよう、邁進していきましょう。

 

高木ゼミ
高校部

高校英数準備講座 - 大学受験に向けて!

高木ゼミでは

3月13日()

新高1生を対象に、“高校生”の『勉強の仕方』と、『代ゼミ授業の体験会』を行いました。

 

“高校生”の『勉強の仕方』では

高木ゼミに在籍している高校生にアンケートを実施、実際の高校生の「生の声」に触れ、高等学校の「勉強に対しての考え方」を確認しました。

目先の得点だけではなく、基礎・基本を理解し、考え方をマスターすることの重要性

生活リズムを確立することの重要性

今まで勉強だと思っていたものとの違いに少し不安になりつつ、一生懸命に聞いていました。

さて、みなさん

4月からの勉強や生活… 少しイメージできたでしょうか?

 

代ゼミ授業では、初めて触れる高校内容の講義に、少し緊張しながら真剣に受講する初々しい姿がありました。

 

これから始まる高校生活では

しっかりと「読む」ことを忘れず

学習内容の量やスピードに負けないでほしいと思います。

 

高木ゼミスタッフ一同は

夢に向かって走る生徒をどこまでも応援し続けます。

17031501.jpg17031502.png

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード