FC2ブログ

「高校準備講座」スタート

高校1年生を対象とした
「高校準備講座」
がはじまりました。

昨日と今日は、高木ゼミ新舞子校新知校 において、

«高校学習の軌道に乗るためにはどうしたらいいの?― 学習姿勢編 ―»

をお話ししました。

中学校よりもグン!と増える学習科目、
ドサッ!と山積みになる課題、
それなのに時間は相変わらず1日に24時間しかなくて……
「高校の先」の大学受験改革、さらには「大学の先」、世界の変化にまで目を向けてもらうという充実の2時間。

「今の自分」から目を逸らさないこと!
「今の自分」を受け入れることからしか「知の探索」ははじまりません!


190315.jpg

次回(18日)からは、高木ゼミ知多本校常滑本郷校 にて
«実践編» へ突入!
高校英語と数学の問題に取り組んでいきます。

新しい学びのステージ、好スタートを切るぞ!

おめでとう

水槽のメダカたちが
全身を小刻みにふるわせながら
右へ左へ
上へ下へ
水温む3月
穏やかな午前


高校生のみなさん、
卒業
おめでとうございます。
これまでよりも
はるかに大きな世界があなたがたを待っています。
からだに気をつけて、思い切り活躍してください。

いよいよセンター試験

高3生の皆さん、明日からいよいよ「大学入学センター試験」。

ノートを、参考書を、問題集を、手にとってください。

マーカーや書き込みでいっぱいのはずです。「努力してきた」んです。

大丈夫、あなたの努力を発揮するだけです。

今日は早めに就寝しましょう。明日、明後日は、体力勝負です。

みなさんの健闘を祈っています。

 

 

《高2生、高1生の皆さんは、明後日20日高木ゼミ新知校に集合!

   高1生 「新テストチャレンジ」9時開始

 高1生の皆さんが受験する大学入試は新方式、ですから「過去問がありません」。代ゼミの新テストチャレンジで求められる新たな力を確認しておきましょう。

   高2生 「センターチャレンジ」12時50分開始

 高2生の皆さんが受験するのは、改革前最後の「センター試験」。競争が激化することが想定されます。「今足りていない箇所」を明確にし、志望校合格に向けた学習計画をしっかり立てるために、明日から実施されるセンター試験を受験しておきましょう。

次はいよいよあなたたちの番です!

高校2年生、受験勉強 本格始動!

今月6日に実施された「大学進学セミナー」以降、高校2年生の代ゼミ講座体験が増えてきました。

志望校がぼんやりしている塾生には志望校の絞り込みの話からはじめ、

志望大学の受験科目やボーダーの確認、

また、来年の5月に実施されるマーク模試までに

どの教科を

どのレベルまで伸ばせばよいか等、

中期、短期の目標を確認しながら、

代ゼミ講座を選んでいただいています。

 

高2生の「受験勉強」が本格的に始動します!

破壊の衝動は創造の衝動でもある、とは言え

「変化の激しい時代において、新たな価値を創造していく力を育成するために、高大接続改革の取り組みを進めています。」(文部科学省のホームページ_トップ>教育>大学・大学院、専門教育>高大接続改革

 

「新たな価値」を「創造」するべく、「大学入試センター試験」を廃止し、「大学入学共通テスト」を導入する。この新テストには数学と国語で記述解答問題を設定し、英語においては、「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能の力を測るべく、民間の英語試験も導入する。

 

これに対し、東京大学が異を唱え(東京大学ホームページ_HOME>入学案内>学部入学>2020年度(2021年度入学者選抜)以降における入学者選抜方法の検討について_9月25日)、はたして全国の大学は、この新試験の取扱いをどうするのだろう、と注目されています。

 

これまでウチの大学は、文科省さんの指示で、ウチの大学が創造したい価値を「アドミッション・ポリシー」としてはっきりと示し、「センター試験」で測りたい学力と、個別入学試験(いわゆる「2次試験」)で測りたい学力を分けて、入学者選抜を行ってきたんですよ。それをいきなり「新しい価値」という具体性のないことばだけを掲げて、「『センター試験』に相当する1次試験で読解力・記述力だけでなく、英語の4技能能力も測ります、受験生にとって受験の公平性が損なわれる可能性がゼロとは言い切れませんが、各大学、入学者選抜に新試験を導入してください」、なんて言われても、無条件にすべて受け入れますというわけにはいかないじゃないですか、そうですよね?……ということです、すごく単純に言うと。

 

破壊されたあの女の子、ちょうど半分、しかも赤いハート型の風船が描かれた部分とちゃんとつながったままで、きれいに縦に裁断されたあの絵画は、あの事件によって、あの形で、落札者に新たな資本主義的な価値を生み出したことでしょう(ピカソが言った「価値」を生んだのかどうかはよくわかりません)。

 

しかし、2020年以降の数年間で破壊(あえてこの言葉を使います)されるのは、描かれた女の子ではなく、60万人近い受験生(の時間)です。60万人の若者の時間を破壊して、どこかで別のだれかが利益を手にするなど許されません。受験勉強という暗い苦しみの時間を宙づりにせず、「彼らの新しい価値」へ接続していくために、文科省も各大学も、受験生以上にまだまだ苦しまなければなりません。

もちろん私たちも、彼らのすぐそばで、彼らといっしょに悩み、考えつづけます。

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

全国統一小学生テスト

6/2(日) 小3~小6 【無料】
知多市で受けよう!

今日の日付入りカレンダー


03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード