FC2ブログ

理科実験Labo Ⅴ期 最終回

18日(水)は labo_ロゴ Ⅴ期の最終回でした。
前回作成した「レーベンフックの顕微鏡」でミクロの世界を覗いてみます。
その前に、まず、スケッチの仕方の学習です。(スケッチにもルールがあります!)

あらかじめ酢酸オルセイン液で核を染めたタマネギからスタートです。
「へ~、タマネギの細胞ってこんなんだ!」
細胞の細かな部分まで様子がしっかり見えます。

「わ~、動いてる動いてる!」
ミジンコが盛んに動き回っています。

「なになに、この丸いの!」
今回はボルボックスも観察できました。

130920.jpg
   タマネギの細胞            ボルボックス             ミジンコ

新しいものが見つかるごとに、「何これ?」、「見て見て」…歓声があがります。

実験衣を着た小さな科学者たちは、好奇心いっぱいに質問を浴びせてきます。

高木ゼミの labo_ロゴ は『大好きです。科学する目と豊かな心』を合言葉に、半年間9回の実験・観察講座を開催しています。

第Ⅵ期は、10月2日(水)より始まります。
ご興味のある方は、0120-76-5555までお問い合わせください!!

labo_ロゴ2


杉江先生より

理科実験Labo Ⅵ期 間近!

「レーベンフックの顕微鏡」ってご存知ですか?

主要な部品はガラス玉1個というとてもシンプルな顕微鏡ですが、テイシュペーパーの繊維の様子まで見えてしまう優れモノです。

前回はこのレーベンクックの顕微鏡を作りました。

Ⅴ期の最終回9月18日(水)は、自分たちで作ったこの顕微鏡を使って、ゾウリムシやケイソウ、植物の細胞などミクロの世界をのぞいちゃいます!

130913.jpg
      ≪ゾウリムシ≫             ≪ハネケイソウ≫

生徒たちのキラキラと輝く瞳を見るのが楽しみです。

labo_ロゴ Ⅵ期は、10月2日(水)より始まります。

ご興味のある方は、0120-76-5555までお問い合わせください!!

labo_ロゴ2


杉江先生より

理科実験Laboオープンセミナー

24日(水)、理科実験Laboオープンセミナー『自律型ロボットを作ろう』を開催しました。
開始30分前にはすべての生徒が集合していて、この日を待っていたワクワク感が伝わります。

今回のロボットは、3種類のセンサを搭載し、コンピュータから転送したプログラムによって、自分で判断して作動する高度なものです。参加者は出来上がりを想像しながら、5時間もの製作時間中集中力が途切れることなく取り組んでいました。

ロボットを作製しながら、原動力となるモーターやギアーボックス、可視光線センサ、赤外線センサ、接触センサの仕組みなどを学習しました。

完成したロボットはセンサを働かせながら、力強い動きを見せてくれました。
作り上げたロボットは各自持ち帰り、さらに高度な動きをプログラムすることができます。家でどんな工夫をしてくれるのでしょう。楽しみです。

ガンバレ、未来の科学者たち!

画像 080a

画像 045a

画像 076a

画像 086a


杉江先生より


【実験ラボ】 高木ゼミでは、10月から始まる『理科実験Labo』の第Ⅵ期生を募集しています。詳しくは、お問い合わせ下さい。

理科実験Labo Ⅴ期 始まる

理科実験Labo Ⅴ期が4月10日(水)より始まりました。
今回のテーマは『化学電池の実験』です。

まずは、電子オルゴールと乾電池を使い電気の流れる向きなどを調べるところから…

レモン  キュウリ  食塩  水道水  オレンジジュース  サイダー  コーヒー
コップ  クリップ付導線  銅板  アルミ板  ……

目の前に置かれたものから、どれを使えば電気を取り出すことができるのか?
取り出し方がわかった後は、どうすればより強い電気を取り出すことができるのか?

生徒たちは「あ~でもない、こ~でもない…」といろんな組み合わせを試していきます。

理科の醍醐味は、『試行錯誤』です。

130411.jpg

『試行錯誤』を大いに繰り返し、より多くの驚きと発見がありますように!!

130406_3.jpg
詳しくはこちら

理科実験ラボ 集大成 その4

今日で理科実験ラボ第Ⅳ期が終了です。
2年間の集大成として『プログラムの指示に従って動く車をつくる』に取り組んできました。
これまで3回にわたって仕組みの理解・作成・動作確認と進めてきましたが、最終回はオリジナルプログラムの作成です。

最初に、前回同様「ライントレースモード」での動作確認。
この操作は難なくこなします。(手馴れたものです!)

130306_1.jpg

いよいよオリジナルプログラムの作成です。
基本的なプログラムの作成方法とデータの転送方法を確認し、コンピューターに入力をしていきます。
最初は前進させたい距離に何秒で到達するか、方向転換させたい角度に何秒で到達するかなど、測定ゲージの上を走らせ基本データを集めます。

130306_2.jpg

根気よくデータを修正し実験用コースをクリアしていく姿はまるで本物のプログラマー(かっこいい~!)

自分が思い描いた動きをさせるために、工夫をこらしたプログラムが出来上がっていきます。
次々と新しいものにトライしていく姿はたのもしい限りです。

今日で小学6年生は実験ラボ卒業です。
あなたたちが見せてくれたすばらしい好奇心、探究心をいつまでも持ち続けてください。

130306_3.jpg

4月から『理科実験ラボ 第Ⅴ期』がスタートします。
ご興味のある方は、フリーダイヤル0120-76-5555までぜひお問合せください。

杉江先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード