FC2ブログ

さあ!入試本番!合格をつかみとれ!

3月11日Aグループ入試当日、

今日はとても風の冷たい、寒い朝でした。

生徒のみんなの受験校に一足早く着いた先生たち。

緊張した表情で次々にやってくる生徒たちに、「がんばれ」の応援。

ニコッと笑って、少しは緊張もほぐれたかな?

全力を出し切っておいで。

今までの努力はきっと結果につながるからね。

入試応援

入試応援2

先生一同より



『憧れの慶応に合格しました。』

高木ゼミに通ってくれたH君(東海南高校)

<入学決定校>
慶応大学 法学部政治学科

<合格校>
上智大学法学部法律学科、法学部地球環境法学科
ICU 国際基督教大学教養学部
立教大学社会学部現代文化学科
立教大学法学部政治学科

第一志望に合格した先輩がメッセージを寄せてくれました!     

僕がこの1年で最も心がけたことは、『基礎を固める』ことです。

『難しい問題』はできるにこしたことはないのですが、

はっきり言って合格には必要ないと思います。

自分自身そうだったのですが、受験生は基礎を甘く見てはいないでしょうか。

みなさんが考えている以上に基礎は大事です。

『基礎を固める』と模試の成績も安定するので、模試の結果が返ってきても

落ち込んだりすることもなくなります。

むしろ、良い成績で返ってくることも多くなってくるので、勉強することが苦ではなくなります。

好きになる人もいるかもしれません。そうなったらもう合格は目の前です。

このサイクルが受験生活にとってはとても大切だと思います。

もう一つ重要なことは、自分が行きたいと思っている大学が、どんなに実力とかけ離れていても

決してあきらめないことです。

親や周囲の人や友人から「無理だ」とか

「身の程知らずだ」など様々なことを言われるかもしれません。

そんな人たちは合格して見返してやればいいのです。

本当にその大学に行きたいならばあきらめてはいけません。

すべては、まず目指すことから始まります。

東大、京大、早大、慶大などの大学は難しいという先入観があり、

目指す前からあきらめてしまう人が多いのではないかと思います。

しかし、本当に行きたい気持ちがあるならば、決してあきらめないことです。

僕が伝えたいことは以上です。
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード