FC2ブログ

テキスト

“こっちよりも、あのテキストのほうが練習問題の質がいいね”
“でも、こちらの方が説明が分かりやすいですよね”

個別本部校の井元先生とずっとテキスト選びを進めてきました。
今日、その新しいテキストが届きました。
生徒たちは、新しいテキストがもらえることを楽しみにしています。
このテキストが真っ黒になるまで勉強しようね。

井池先生より

あのシーズンがやって来る

2月も終わりに近づき、寒さの中に暖かい日差しを感じるようになりました。
新年度が近づくにつれて、新鮮な気持ちになってきます。

ただ、このシーズンになると、とても困ることがひとつがあります。
数年前、ある日突然になった花粉症です。
知らない間に鼻がぐずぐずしてきて、目がかゆい。
最初は、気の持ちようで治るものだ、と思っていました。
毎年、マスクや目薬などの対策を講じてきましたが、一向によくはなりません。
これが6月くらいまで続くと思うと、新たな対策を考えなければと苦心してしまいます。

もちろん、子供たちを応援する立場の人間が、花粉症ごときに負けてもいられません。
このわずらわしさを吹き飛ばす気合と根性と笑顔(#^.^#)で、
今日も明るく授業に臨みます!


110226.jpg

榎本先生より

春の訪れ

2月の中旬に降った雪の重みで、ビワの枝が折れてしまいました。
昨年はほとんど実を付けませんでしたが、今年はもう小さな実をいっぱいつけ始めていたので楽しみにしていた枝です。

110225_1.jpg
               <根元近くから、ポキリ>

ビワのとなりでは、春の訪れを告げる 菜の花 が芽をつけ始めました。
110225.jpg
           <菜の花のアップです>

ついこの間まで残っていた氷もなくなり、陽ざしが暖かくなってきました。
春はすぐそこです。
私にも、みなさんにも素敵な春が訪れることを願っています。

杉江先生より

おもしろ事典

最近読んでいる本に『世界人名事典』があります。
歴史上の有名な人物から、聞き慣れない偉人まで、生い立ちや功績などとても細かく載っています。

歴史の授業にはもちろんですが、数学や理科の授業の際にも、数学者や化学者のちょっとしたエピソードを交えて指導ができるので、意外な面で重宝しています。

学校のテストではあまり問われることがない知識ですが、知っていて損するものではありませんよね。それに、雑学は思いもよらない場面で活躍してくれます。
未来を担っていく子供たちが、多くのことに興味を持ち、楽しみながら学んでくれたら良いなと思い、翌日の授業のために1日1人読み進めています。

井元先生より

古典暗唱

小学4年生のクラスで、少しずつ古文の暗唱をしています。
4月から使われる新しい小学教科書の「竹取物語」「枕草子」「平家物語」「論語」などを皆で覚えています。
まずは皆で群読、次の授業では1人ずつ発表します。時間の都合で2人だけですが…。

クラスの中に暗唱がとても苦手な男の子がいます。あたっても暗唱できずに用紙を見ながら発表するときなど、とても悔しそうな顔をしていました。
「どうにかしなければ…」と思っていましたが、今日、授業前にその彼が「先生、僕に当てて。『平家物語』は完璧!」と元気に声をかけて「祇園精舎の鐘…」と暗唱し始めました。ヤッター!

田辺聖子が現代語訳をした「枕草子」の本を持ってきて見せてくれる生徒がいたり、詩のところで勉強した「日本語と5音、7音」の話を思い出して教えてくれる生徒がいたり、古典暗唱で盛り上がっています。

まだ4年生ですので、慣れない言葉が多く四苦八苦して覚えていますが、これらの経験を通じて使える言葉の数が増えていってほしいと思います。

村上先生より

国公立大前期試験 直前

公立高校の推薦入試結果が出ました。中3年もあとは一般入試を残すのみ!
22年度入試も大詰めを迎えます。私たちもいっそう身がひきしまります。

高3生は25日からいよいよ国公立大前期。大学入試もクライマックスです。
今の自分にできることをこなし、ゆったりと構えて臨んでください。
新しいことに手を出すよりも、解けるものを確実に得点することを意識しましょう。
誰だってミスはします、ミスが減れば得点は上がります。
最後は精神力、持てる力を存分に出すことだけを考えましょう。

「幸運は、その準備をしている者にのみ訪れる!」
やるだけのことはやりました。あとは天命を待つばかりです。

磯貝先生より

学校公開日!

16日は多くの塾生が通学する新知小学校の学校公開日でした。
授業中にも関わらず廊下で授業を見ている私に手を振る生徒、熱心に授業を聞いていらっしゃる塾生の保護者の方々とさまざまでした。

3時限目には、日頃の成果を試すべく、なわとび大会が実施されました。
担任の先生と同じ目標に向かって取り組む子どもの姿は輝いていました。
目標を達成して、体中で喜びを表現する生徒等、日頃の姿と異なる一面を見ることができました。
学校の先生・塾生の保護者・生徒と話をすることができ、非常に楽しく有意義な時間でした。


110221.jpg
             <学校公開日―なわとび大会の様子>

尾之内先生より

推薦入試

「先生! どうしよう、どうしよう。」
公立高校の推薦入試を終えた生徒がやってきました。
緊張して面接が上手くいかなかったのかと心配になり、
様子を聞いてみました。
「面接は大丈夫だった。スピーチもちゃんと言えた。」
ホッと胸をなでおろします。

それでは、何が気になって慌てているのでしょう?
「結果が出るまで落ち着かなくて、勉強が手につかない。どうしよう。」
無理もありません。ずっと目標にしてきた第一志望の高校なのですから。

推薦入試の合格発表は来週の月曜日。
吉報を待っているヨ!

来月10日からは公立高校の一般入試が始まります。
合格を勝ち取るまでがんばろう!

井池先生より

私大 続々合格!!

先週から私立大の合格報告が続々と入ってきます!

立命館大学を受けた生徒のひとりが、
思ったように数学の問題を解けなかったと、不安がっていました。
いつも遅くまで自習室を利用し、たくさんの問題を解いていたのに…
合否が分かるまで、不安そうな顔をしていましたが、
受けた3つの学科にすべて合格(*^_^*)
笑顔で報告してくれました。

25日からは国公立大の前期試験が始まります。
国公立大が第一志望の生徒は、ここからが正念場です。
夢をつかむまであと少し! 全力を尽くして挑もう!
ガンバレ!受験生!

榎本先生より

剪定(せんてい)

やっと白イチジクの剪定(枝きり)を終えました。
下草をとり、肥料をまき、準備万端。8月の収穫が楽しみです。

110217.jpg

写真で分かるように、剪定後は枝がほとんどありません。枯れてしまわないかと心配なぐらいです。
しかし、4月になると芽を出し始め、7月には下の写真のように立派に枝を伸ばし、実をつけ始めます。

110217_1.jpg

いつもながら植物の生命力には感心させられます。

杉江先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード