FC2ブログ

さくらの日

日に日に暖かくなり、すごしやすくなって来ました。
皆さんは、3月27日が何の日かご存知ですか。

日本さくらの会が、3×9(さくら)=27の語呂合せと、桜が開花する時期が重なることから、桜を通して日本の自然や文化について関心を深める日として『さくらの日』と定めたそうです。

近所の児童館のさくらの花はまだつぼみですが、高木ゼミ本校のさくらはもう咲いています。日本のさくらは80%がソメイヨシノになりますので、一般的なさくらの開花はこれからです。


110331
         <児童館のさくら>                  <高木ゼミ本校のさくら>

さくらの薄ピンクの花は、入学式や入社式の時期に咲きますので、とても新鮮なものに感じます。
この春も皆さんが良いスタートをきれることを願っています。

杉江先生より

高木ゼミ春の塾祭開催!

高木ゼミ小学部では、3月29日、30日に『春の塾祭(じゅくさい)』を開催しました。日頃の先生と生徒という関係を離れ、先生たちも、子どもたちと一緒に楽しみました。
当日は、「理科実験」「漢字カルタ」「算数パズル」などを実施。笑いと感心があふれかえっていました。

≪風船を使った理科実験≫
110330_1.jpg
110330_02.jpg
「物質の膨張・圧縮と熱」「回転と姿勢制御」「物体の質量と運動」などについて、身近な風船を題材に実験しました。

≪見方を変える≫
110330_03.jpg
複雑そうに見える図形も、見方を変えると…ナンダ簡単! どこに注目するかで変わるんだと感心しました。

≪漢字カルタ≫
110330_04.jpg
漢字の成り立ちや、部首の意味などについて、カルタで楽しく勉強。「いつも使っているこの漢字は、こんな意味なんだ」と驚きの声が上がりました。

村上先生より

タイムリミット

新知校には、ジュースの自販機が設置してあります。(うらやましい限りです)
先日フラっと新知校に寄った時、利用してみました。
お金を入れてボタンをピッ。お目当ての缶がガタっと出てきました。(当たり前)
すると…「ピィーッ!」と聞きなれない音。(…ん?)

なんと、その自販機は当たり付き。しかも当たっている!!(わ~い♪)
「何にしようかなぁ~♪」とルンルンで選んでいると…

ボタンから光が消えた…
押しても何も出てこない…
まさかのタイムリミット……

この間、ほんの十数秒。短すぎやしませんか、自販機さん(´・ω・`)
ドキワクを返しておくれ。

(´・ω・`)な井元先生より

新高校1年生の心得!

高校入試の合格発表からはや1週間。あと10日あまりで高校生として新たな出発です。

高校内容はあまりにも広く、とてつもなく深いものです。これらを攻略するには基礎基本の徹底しかありません。高校受験のテンションをもう1年間続けてください。1年間続けば必ず成果は出ます。成果が出ればさらにやる気が湧きます。そうなれば3年後まで走ることができるのです。

何事もスタートが肝心です。
高校の3年間はあっという間に過ぎてしまいます。
大学入試までたった3年! 時間的な余裕は思うほどありません!

現在、高木ゼミでは「高校準備講座」を実施中、あと一講を残すだけとなりました。


榎本先生より

小学春期講習

小学部錬成コースでは『春期講習』を行っています。
講習生と塾生が入りまじり、校舎内は連日元気な声が鳴りひびいています。
その中、新5年生の教室で劇的な変化が起きました。

男子ばかりの教室に数人の女の子が入ってきました。するとやんちゃだった男子たちはおとなしくなりました。それだけにとどまらずノートに書かれる文字がていねいになっています。意識しているんですね。
新しい女の子たちがみずみずしい風を運んできました。

新学年の内容にやる気をみなぎらせ、きらきらな瞳で講習に臨む生徒たち。
そんな彼らに100%のOKサインで応えたいと思います。

磯貝先生より

先輩に続け!

駿英会の新年度授業がスタートして1ヶ月が経過します。
今年度6年生が輝かしい結果を残し、新6年生・5年生も先輩達同様、【僕たちも志望校に合格できる!】と、大きな希望を抱くことができました。

明日は国・私立中学入試模擬試験です。先輩に追いつき、追い越せと頑張る生徒達を、一生懸命サポートしていきます。

尾之内先生より

プッツェントイフェル

3月21日は高木ゼミの大掃除でした。社員総出で各教室をくまなく磨き上げました。
私はセッセと窓磨き。ピカピカになった窓からさし込む光はすがすがしく、「さあ新学期だ!」と気持ちを新たにする、と同時に、ある言葉を思い出しました。
それはあるドイツ人女性に言われた一言なのですが、彼女のあだ名は「プッツェントイフェル」、つまり「掃除(プッツェン)魔(トイフェル)」です。彼女は80歳を過ぎても、ご主人とともに、ホウキならぬジェット旅客機に乗って精力的に世界中を飛び回っていました。
実はこの魔女、ドイツの至る所にいます。ドイツ人(特に女性)は、アイロンがけと掃除が大好き(だとしか思えません)。「ヤラサレテイル」感ではなく、「ススンデヤッテイマス」感を全身にみなぎらせています。特に窓磨き!ヨーロッパの住まいはとにかく窓が多いのですが、その窓を汚したままにしていると、人間性を疑われます。田舎では隣近所や大家がバンバン苦情を言いに来ます。

110324.jpg

フランス人やイタリア人は服装に気を使い、ドイツ人は窓をはじめとした住まいを清潔にしておくことに気を使う。どちらにしても、外見にはその人の中身が映し出されると考えられているわけです。

彼女が私に言ったのはこんなせりふでした。
「お風呂には毎日入るくせに、あなた、部屋の窓一枚磨いたことないんでしょう。」

重岡先生より

春期講習 小学生スタート!

小学生の春期講習『算数アドバンス』がスタート。新学年の先取り学習です。
6年生の1日目の単元は「線対称・点対称」。「線対称」はなんなく解けましたが、「点対称」になると苦戦。少し複雑な点対称の図形を描く問題になると、混乱してしまいます。別の問題で練習して、再度チャレンジ。今度はしっかりと描けるようになりました。
新学年で子どもたちは新しい気持ちになっています。その気持ちに火をつけて、難しい問題にも果敢にトライしていけるように応援していきます!ガンバレ、小学生!

榎本先生より

発表当日 朝

午前10時前 受験生たちが集まってきました。
期待と不安を抱えた表情がなんともいえない…、切ない思いがしました。

午前10時  掲示板に番号の列が並んだ用紙が貼られました。
受験生たちは前に押し寄せます。

110322_1.jpg

するとこんな光景。
110321_2

みんな、おめでとう!よくやりました!
ひとつの区切りがつきました。
2週間後には高校生です。

塾生のみなさんの健闘を讃えます。
いま、みなさんに言えることはこれだけです。
本当におめでとう!

磯貝先生より

大掃除

今日は、高木ゼミの大掃除です♪
個別本部校も、現在進行形で作業中です。
(サボってないですよ。休憩中に書いています。)

開校してちょうど1年半。
毎日掃除をしていても、見えないところに汚れはたまっていくのですねぇ…
雑巾が、スグに真っ黒になってしまいます。

気持ちの良い空間を保つため、隅々まで魂を込めてピカピカにするゾ!
さて!次は、机のヨゴレをせん滅だ!

井元先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード