FC2ブログ

越年特訓開始!

年末の受験生徹底応援企画、『越年特訓』!
今年もスタートです!

111231.jpg
               【開会式の様子】

今日から3日間、勉強漬けのお正月。
頑張った分だけ、『自信』と『力』は身につきます。
苦しくても、自分に負けるな受験生!
先生たちは、全力で君たちをサポートするぞ!

高木ゼミ
スタッフ一同

ゆく年

あわただしいこの時期の呼び方
  年末   歳末   師走   年の瀬  ……
日本語は豊かです

お坊様まで走っていますし、瀬は急流ですし、
年末の忙しさ・あわただしさが伝わってきます

せわしく動いて、新年をゆったりと迎える
いま苦労しておいて、あとに備える
なんとも堅実で、実に勤勉な日本人らしい考え方

今年もあと2日
「絆」という一字に象徴されたこの年を忘れません

磯貝先生より

シュク気とは…

年賀状、おせち、門松、ぽち袋。
いよいよ今年もおしせまり、新聞やテレビなどを通じて、毎日のようにこんな言葉を目にしたり、耳にしたりするようになりました。

すると決まって、私の頭にはこんな言葉も一緒に浮かんでくるのです。
「シュク気」。
お正月だから「祝気」?

ではなく、「淑気」と書きます。

「去年今年貫く棒の如きもの  高浜 虚子」
年をとってくると、この「棒」が、「確固として変わらぬ私」などという積極果敢な意味をもつものではなく、「いつもとおなじ日々」という消極的な意味をもつもののように思えてきたりします。
「ハレもケもない」「終わりなき日常」ということが言われて久しいですから、若い人たちもこの句からそんな印象を受けるかもしれません。

とはいえやはり、「新年」です。

「いんぎんに ことづてたのむ 淑気かな  飯田 蛇笏」
昔のように新調した服を着ることがなくなっても、また、おせちを食べることがなくなったとしても、それでもやはり、「元旦」「元日」には、昨日と何ひとつ変わらない日常の行為にすら、どこかあらたまった新鮮なものを感じさせる雰囲気があるのではないでしょうか。それがこの「淑気」なのだろうと思っています。

メデタイ メデタイ と浮かれすぎず、<貫くべきものはあくまで貫き、あらためるべきところは潔くあらためるぞ>、と思いをあらたたに、新年を迎えたいものです。

重岡先生より

パワーが出る食材

寒さが一段と増すこの季節。体調管理には普段よりも気を使います。
私は食べ物、特に「食材」に気をつけるようにしています。

あるとき、鳥のむね肉が疲労回復・かぜの予防に効果があるということを知りました。
鳥は羽を動かすむね肉の部分が発達しています。そこにパワーの源があるということでした。
確かに栄養が豊富にありそうです。それ以降、鍋料理には鳥のむね肉を必ず入れるようになりました。

そのおかげか、今年は風邪を引きにくく、疲労回復が早くなったような気がします。
やはり、体を作る「食材」はとても大切ではないでしょうか。

冬期講習も折り返し地点。生徒のみんな、今日も体調を整え、元気に勉強をがんばるぞ!

榎本先生より

子供は元気に外で遊ぶ?

最近あまり見かけなくなったのが、雪が舞うような寒い日でも元気に外で遊ぶ子供たちの姿。
昔は家の中にいても楽しみが少なかったので、友人と自転車で遠出をしたり、凧あげをしたり、家の外で仲間たちと工夫して遊んでいたような気がするのですが……。

外に出れば、風邪をひいたり、危険なこともあったりするかもしれません。
しかし、家の中ばかりでは人と接する機会がなかったり、運動不足になったりします。
大人はどちらにしても子供の心配をしてしまいます。

山崎先生より

十分な睡眠

先日、睡眠不足が続いているという生徒がいました。
受験生は不安になると、つい睡眠を削ってしまいがちです。

しかし、記憶にとって睡眠は非常に大切なものです。
以前、「睡眠は消極的にではなく、積極的に記憶の強化に利益をもたらしている」という記事を読んだことがあります。

  睡眠中に脳は活発に記憶を定着させており、翌日になるとこれが強化される。
  睡眠は不活性状態であるというのは古い考え。記憶の強化をはじめ、脳は睡眠中にもさまざまな
  ことをしている。記憶力を最大にするためには定期的に睡眠を取ることが必要

  というものです。

成績を上げるには、しっかり勉強するのと同時に十分な睡眠を取る必要があります。
しっかり寝て、合格を勝ち取りましょう!

杉江先生より

ホワイトクリスマス

Happy Christmas!
Winは、クリスマスも授業を行っています♪

「塾に来て勉強しているあなたは、なんてエライんだ!
   井元サンタが、問題集をプレゼントしましょう!」
(以前、実際にやったことがありますが、苦笑いされました。)

ところで……
『明日は、愛知県の平野部でも雪が降るかも』なんて予報が出ています。
これはもしや……ホワイトクリスマスというヤツですか!
もし降ったら、ロマンチックな聖夜になりますね!

でも、私の車はノーマルタイヤ。もし、明日雪が降ったら、車でお出掛けできない!
ホワイトクリスマスになって欲しいような、欲しくないような、実にフクザツな気分です。

111224.jpg

井元先生より

冬期講習始まる!

昨日から駿英会6年生の冬期講習が始まりました。
夏期とは違い、【勉強の質・解き方の質】をテーマとする冬期講習です。
宿題も過去問を中心に量より質にこだわります。

初日の昨日、こんなでき事がありました。
算数の授業中に、一人の生徒が泣き始めたのです。
『毎日必死で勉強しているのに、問題が解けなくて悔しい』
周りの生徒にも、教壇に立つ私にも、その思いがひしひしと伝わってきます。
この悔し涙を喜びの涙に変えてあげたいと強く思う一瞬でした。

1月8日から始まる入試まで、あと17日!
【絶対合格できる】という強い気持ちを持とう!

入試では気持ちの持ち方次第で10点は違う!
これまで頑張ってきたことに自信をもって、第1志望校に合格しようぜ!!

111223.jpg

尾之内先生より

今までの人生の中で一番…

来春開校する『算数パズル道場』の授業体験会を実施しました。
算数パズルを「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しながら解いていくなかで、「イメージする能力」や「仮説をたてて試行錯誤しながら自分独自の作戦を考える能力」を養うクラスです。言い換えれば、算数・数学の「センス」を磨くことが目的です。
独自の作戦を考えることが目的ですから、解き方やそのヒントは絶対に教えません。これがクラスのお約束です。

今日は私たちの高木ゼミでの初めての体験会です。
事前のスタッフ打ち合わせでは、「パズルが解けずに諦めてしまうお子さんがでたらどのように対処しようか?」「内容になじめないお子さんは…」などなど様々な場面を事前に想定して今日を迎えました。

会が始まってみると……
最初は戸惑っていた子どもたちも、問題のルールが飲み込めると、物凄い集中力でパズル問題に取り組み始めました。
何度も書いては消して、書いては消して、を繰り返して正解にたどりついた子
長い時間じっと考えているとかと思えば、パッと正解を書く子
その解き方は様々ですが、事前の議論は杞憂でした。

112122_1.jpg

112122_2.jpg

111222_3.jpg

あっという間の体験会でした。
最後のアンケートで「今までの人生の中で一番頭を使った」って答えてもらえました。スタッフとてもうれしかったです。

体験会に参加してくれた皆さん、説明会にお越しいただいた保護者の皆様、本当にありがとうございます。

スタッフ一同

センターまであと24日

以下はセンター試験を目前に控えた受験生たちの悩みです。
「偏差値が現状のまま受験することはやはり無謀でしょうか?」
「…でも本当に行きたい大学なので諦めたくないです。レベルを下げたらと言われたのですが、妥協しても……」
「不安で 不安で 眠れません」

過去にも、偏差値が足りなくても最後まで懸命に取り組み、見事合格した人はたくさんいます。
これまで使いこんできた参考書に戻り、基礎・基本を確認しましょう。
「赤本」を使って志望校の傾向をつかみましょう。

国公立受験はセンターで終わりではありません。3月までふんばりぬいて、妥協することなく行きたい大学に行ってください。

将来を大きく左右する受験です、不安になって当たり前!
人間、悩んだ分だけ大きくなるものです。

磯貝先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード