FC2ブログ

英検5級に向けて

英検5級突破を目指す小6クラスでは、1月の英語検定に向けて計画を立てています。

残り12週間でどのように勉強をすすめるか。
穴埋め・並び替え・リスニングなど、バランスよく解けるようになるために、一人ひとりに合った学習計画を立てています。

全員共通の約束は、『毎日時間を決めて、英検5級の参考書の問題を解く』ことと、『間違えた問題を見直せるノート作り』をすることです。

綿密な計画とその実行が、合格へのゆるぎない自信を生みます。

Do Your Best!

最善を尽くして、初めての英語検定に備えましょう!

榎本先生より

火星人襲来

「火星人が襲来し、攻撃を開始した」…
というブレーキングニュースがアメリカ合衆国でラジオ放送されたのが、1938年の今日、10月30日のことでした。
H・G・ウエルズ作『宇宙戦争』のラジオ・ドラマ内での速報を、なんと120万人もの聴取者が真に受けて、パニックになったといわれています。
戦争の影、大恐慌の影、とか、裏番組の影響など…… 事件の背景については色々取り沙汰されていますが、なにはともあれ、大勢の人が「火星人襲来」というニュースを頭から否定しきれなかった、ということは確かなようです。

たとえば「大本営発表」。
太平洋戦争中、日本軍は、実際には不利な戦況であったにもかかわらず、連戦連勝!大和魂ココにあり!という虚偽の報道をしていたのです。

「往時は、メディアが限られていて、庶民が真実を知る手段がなかったから…」
そこで、テレビ、新聞、雑誌、ネットとメディアが増え広がってきたわけです。しかしどうでしょう。そこにはおびただしい数のフィクションが蔓延しています。
たとえば「福島の原発事故」では、東電の発表や新聞テレビ報道のみならず、ネット上にもさまざまな情報が蔓延し、何がホントなのか、魑魅魍魎百鬼夜行の世界が展開されていました。

じゃあ、どうやったら「真実」がわかるのか。
結局「自分の足で歩き」「自分の目で見に行く」しかないようです。
そして各々が、「自分の目で見」、「肌で触れ」、「嗅いだにおい」に基づく、各々の「リアル」な「真実」を語るほかないでしょう。そして情報を受け取る側も、自らの「リアル」を元に、情報を取捨選択する。

先日参加したとあるセミナーでこんな説明を聞きました。
「さまざまな形に積み上げられたブロックの数を答えるという問題の説明が、ホームページ上なら一発で終わる。なぜなら立体画像を、上下左右360度、子どもたちの思うままに回転させてみせることができるからだ」
………
ホント?

そんな映像を「便利だなぁ」と思うのは、「立体」というものを「リアル」に把握している者だけで、ブロックを自分の手で積み上げたり崩したりして、見えない裏側を必死に想像し解き明かそうとした「体験」のない者にとって、それは結局二次元でしかないのではないでしょうか?

これからは、タッチパネル(そう言えば先日『ウ○ンド○ズ8』が発売されましたね)やタブレットで学習する子どもたちが増えるそうです。

重岡先生より

鬼中祭

27日(土)に、鬼崎中学の学校祭に行ってきました。
本来ならば、27日に文化祭、28日に体育祭が催されるはずでしたが、体育祭は雨のため30日に延期になってしまいました。

文化祭では毎年、生徒有志によるパフォーマンスタイムを楽しみにしています。
手品から喜劇・ダンス・漫才・演舞など毎回思いがけない出し物があり、行くたびに新しい発見があります。
今年も吹奏楽部の演奏から始まり、モダンバレエ・ダンス・コント・ピアノ・バンド演奏など、とても楽しませてもらいました。
若い皆さんのほとばしるエネルギーや可能性を感じました。ありがとう!

121029_1.jpg

121019_2.jpg


杉江先生より

67点アップ!

個別本部校の点数アップ最高記録更新!

数学 54点アップ…
破られることはないだろうと思っていた記録…

それを、
ついに、ついに、
超える生徒が現れました!!


1学期期末 → 2学期中間
数学
67点アップ


記録を大幅更新です! スゴイ!
本当によく頑張りました! エライ!
努力した成果がバッチリ出ましたね。
1か月後の期末テストも、ベストを尽くして頑張ろう♪

井元先生より

パズル道場

本日、パズル道場の『スタッフ研修会』に参加しました。
授業運営のヒントや生徒指導の具体的な方法、保護者の方への状況還元など、3時間にわたる研修でした。
コースの導入意図や運営について、自らを鑑みながら研修を受けました。

開講当初は、子どもたちもですが私たちスタッフも暗中模索の状態でした。運営についての一般的なことは分かっていたつもりです。けれども、生徒の実際の動きが予測できず、授業が終わると「汗ビッショリ」…という日々でした。

それから10か月…。
練習時間は多少ワイワイしますが、5分で行う検定の間は水を打ったような静かさ。鉛筆や消しゴムの摺れる音しか聞こえてきません。

121023ブログ用

パズル道場では「解き方」を教えることはしません。
試行錯誤の中で自分の解き方や作戦を編み出していくことが子どもたちの力になると考えているからです。
ある検定問題に2か月にわたって合格できなかった生徒がいました。ある日、その生徒が目を輝かせて私に教えてくれたのです。
「先生、(4)は問題が違っていても必ず…の答えになるよ!」と。
彼は頭の中で立体を動かして結論に達したわけではありませんでした。何問も解くうちに出題パターンに気付いたのでした。

彼が次のステップに上がった時には、今の解き方では太刀打ちできないかもしれません。
けれどもそれはこれからの彼の粘り強さが解決してくれると思います。
即座に「よく思いついたね!」と答えました。

腐らず、粘り強くチャレンジできる子どもたちを作っていきたいと改めて思いました。

村上先生より

夜に思う

昨夜はオリオン座流星群がピークを迎えるということで、私も自室から夜空を見上げていました。
ぼんやりとオリオン座を見ているうちに、受験生の頃の自分を思い出しました。

深夜、一人で勉強していると、さまざまな不安におそわれたものです。
  これを勉強してなんの役に立つのか――
  こんな勉強法でいいのか―― などなど

そんな時、窓から外を見てまだ電気のついている部屋を探しては、自分だけじゃない、他にもたくさんの人が悩みながらがんばっているはずだと自分を奮い立たせたものです。

見えないところで、みんな必死にがんばっている―

121022.jpg

平林先生より

100回目!

体質改善をしたいと4年前からジムに通いはじめて、先日やっと100回を迎えました。
自分の中では、記念すべき【100回目】です。

毎週とはいきませんが、2週間に1回以上は行っている計算になります。
4年前と比べて体重が
7.7kg減りました。

『継続は力なり』
これからも体質改善に取り組みたいと思います。

121020.jpg

尾之内先生より

Fortune can come out of a misfortune.

ノーベル医学生理賞に選ばれた山中教授についての興味深いエピソードを読みました。

山中さんは、元々はスポーツ選手を治療する整形外科の臨床医を目指していたそうです。
しかし、うまくやれば20分の手術が、2時間かかってしまうほど、不器用。
先輩医師からは、じゃまで足手まといの「ジャマナカ」と揶揄されてしまうほどだったそうです。
とうとう臨床医になる夢をあきらめ、研究医の道を歩みはじめます。
そこから、地道な努力が実を結び、iPS細胞(万能細胞)という人類の遺産を生みました。

つまずきながらも前進した結果の偉業に感動しました。
この話、英語のことわざ【 Fortune can come out of a misfortune. 】にあてはまるかもしれません。
misfortune(不運)から、fortune(幸運)に変えるために、たえず前進すること。そうすると、新しい境地が開けてくる。

山中さんのエピソードは、示唆(しさ)に富んでいると思いませんか?

榎本先生より

1分1秒の重み

2013年1月19日(土)20日(日)に実施される大学入試センター試験の出願が、去る10月12日に締め切られ、いよいよ「センター」まで残り100日を切りました。

それもあってか、最近、特に質問もないのにやって来て、5分ほどタワイモナイことを喋り、また自習室へ帰ってゆく、そんな受験生が増えてきました。

これからの3カ月、ダリの絵さながらに、1分1秒の重圧に、グニャリ押しつぶされそうになることも多々あるでしょう。
ひょっとすると、あの白ウサギのように、
I’m late! I’m late!
と時を追いかけたり、
Mad hatterよろしく、
Tea Time! Tea Time!
「試験日じゃない日」をお祝いしたくなるかもしれません。

「2013年センター試験カウントダウンカレンダー」なんてものを貼り出した人間が言うのも矛盾していますが、
厳密すぎる計画は、かえって自分を縛りつけ、苦しめることにもなります。
3〜4日、あるいは1週間単位など、時間的にすこし余裕のある計画を立て、
日々を大切に過ごしてください。

重岡先生より

ガリレオ・クラブ 受け付け開始!!

いよいよ、16日(火)から秋のガリレオ・クラブの受付がはじまりました!

今回のタイトルは「回転する立体!」
無限に開く不思議な立体工作を通して、1枚の紙からできるいろいろなカラクリを体験します。

【第31回ガリレオ・クラブ】
11月23日(土・祝) 午前10時30分~12時
高木ゼミ知多本校 知多市にしの台4-18-9
詳しくはこちらをご覧ください。


今回もオドロキがいっぱいです。ぜひ参加してくださいね。

121018.jpg
第30回 スピーカーのふしぎ!(’12.07.14開催)


杉江先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード