FC2ブログ

来週は月例テスト

先週の日曜日、ひさしぶりにとくと庭を眺めました。
つい一週間前にはあれほど見事に咲き誇っていたツツジの花は、夢幻のごとく跡形もなく、
濃い緑の葉が生い茂るばかり…

光眩しく風麗しき五月。
ツツジだけでなく、イブキもウバメガシも、キンモクセイもミズキも、
その枝葉の育ちぶりは、それこそ跳梁跋扈の勢いです。

130531.jpg

「チョウリョウバッコ」とは何ごとぞ、樹木が「自ずから然り」と上へ下へ右へ左へと好き放題に枝を伸ばす様こそ真の「美」なり、とお感じの向きもおありでしょう。

しかしながら、この庭のあり様を、
「まずいなぁ」と感じるのも、
「美しいなぁ」と感じるのも、
いずれも「自然」から「離れて」しまっていることに変わりはありません。
「麗しき水の惑星・地球」やら、「地球は青かった」などと言えるのも、
9.8メートルマイビョウマイビョウの呪文で人の足を引っ張る重力の精を蹴落として、地球から離れたからであって、
湿度90%で有毒の昆虫やら小動物がウゴメク、ウッソウたるジャングルの中にいたのでは、その美しさやアリガタサは見出せないでしょう。

私としては…
このままではツツジのそばに植えたヒマワリがひっそりと闇に姿を消し、
いつもの猫がお友達を誘ってやって来て、庭中が猫の公衆トイレになり、
ケムシが大発生してお隣の駐車場をウニウニモコモコ歩きまわって、近所の幼稚園に通う子どもたちの好奇心をチクチク刺激しまくり、その手を引く「お母さま」たちに<最後の審判のラッパ>とはかくの如くかと思われるような悲鳴をあげさせる日も遠くないはずで、

住「人」であるからには、それなりに「自然を整頓」しなくてはなるまい、
庭の木々を剪定すべし!
とコブシを握りしめた次第です。


光眩しく風麗しき五月、に急成長するのは、何も樹木ばかりではありません。
小学生や中学生、高校生のみなさんだって、
知識の枝葉をグングン伸ばしたはずです。

この「知識」。伸ばし放題ではダメです。
あっちで絡まり、こっちで折れ曲がり、陽があたるべきところが陰になって…
では、「使いものになりません」。
ツツジにしても、時期を過たず剪定(センテイ)するからこそ、翌年たくさんの花を咲かせるのです。

時に、流れから身を引き離して立ち止まり、来し方を振り返って、頭につめこんできたことやノートに書き留めてきたことを「整理整頓」すべきです。
そうしてこそ、「知識」は「使えるものになる」のですから。

来週6月4日の火曜日より、
高木ゼミ小中錬成クラスでは「月例テスト」が始まります。
ここで少し立ち止まり、頭の中に生い茂る「知識」を、丁寧に「センテイ」してください。

重岡先生より

「なにかへんだぞ」

テストの結果がでてきました。

     「先生、社会が前よりすごく上がったよ!」
     「英語が20点増えた!」

テスト後の子供たちの喜びはなにより私たちスタッフの喜びです。

『科学で耳にするもっとも胸躍る言葉、それは「私は発見した!」ではなく「へんだぞ・・・」である』
アイザック・アシモフ(SF作家、生化学者)

科学の発見にたやすいものなどなく、第一歩はつねに「へんだぞ」に始まる!ということでしょう。物事に対する探究心は常に「へんだぞ」「おかしいぞ」「もっと知りたいぞ」という気持ちから生まれるのでしょう。

勉強も同じです。きっと。
ただ単に答えを出すだけではなく、「どうしてこうなるのだろう」「もっと調べたい」とより深く考えることで、未知の領域で驚き・感動する人間になるのではないでしょうか。
「アアデモナイ、コウデモナイ」と考えて「ジブン」で答えを導き出す。それが一番大切です。

活き活きと知的探究心を発揮している生徒の姿は、とても美しいです。
一人ひとりが『もっと伸びたい』という欲求を発揮できる塾を、これからもつくっていきます。

高木ゼミ
スタッフ一同

あーした天気になぁーれ

先週までのカラリとした暑さが懐かしく思えるような雨空です。
どこかすっきりしない、ジメジメとした時期がやってきます。
体調も崩しやすく、気持ちも前向きになりにくいですね。

そんなときにこそ、塾に来てくれたら明るく、『よし!頑張るぞ!!』という気持ちになってもらいたい。というわけで…

掲示も模様替え(^◇^)

130529.jpg

実は、
いつも掲示物を作る時は、「こうしたら?」「こんな色を使ったらどう?」など…
スタッフみんなでアイディアを出して作っているんですよ。

「あーした天気になぁーれ」「元気な気持ちになぁーれ」

―― 来てくれたいろいろな人たちにちょっとでも、元気な気持ちになってほしいという願いを込めて。


高木ゼミ常滑本郷校
スタッフ一同

英語のシャワー!

ご存じの様に、平成23年度より小学校の学習指導要領が新しくなり、5、6年生で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。とは言うものの、教科として成績に反映されるものではありません。

ところで、先日、名古屋国際中学校・高等学校の学校説明会に参加してきました。
ここでは、中1英語から週6、7時間のうちの週3、4時間は、英語を母語とするネイティブファカルティー(外国人教員団)による生きた英語の授業があります。
中1からTOEIC BRIDGE、高校生になるとTOEICを受験。
さらに、ネイティブファカルティーは日本人と共同担任をしており、さまざまな場面でまさに【英語のシャワー】を浴びせています。

中学生の英語授業を英語で実施したり、小学生英語を教科に格上げしたりすることが検討される中、グローバル社会を生きる生徒たちの可能性を大きく広げるため、時代の先端を走っているのでは? と思わされる大変興味深い学校説明会でした。

尾之内先生より

中3夏前講習スタート

5月25日(土)より【中3 合格カリキュラム】の第1弾がスタートしました。
夏から始まる本格的な受験勉強を効果的なものにするため、忘れかけている「基礎・基本項目」を再整理することが目的です。
夏期講習に向けた助走という意味も含めて、講座名は『夏講習』

130527.jpg

普段の勉強、部活、友達との付き合い…。
日々の忙しさに、自分が「受験生なんだ!」という意識も埋もれがちなってしまいます。

週末だけの講習ですが、学校でふだん習っている勉強から離れたこの講習で「受験生としての意識」をしっかりと確立して、充実した受験期を送りましょう。

高木ゼミ スタッフ一同

≪ 平成25年度 第1回 中3父母説明会 ≫ ご報告とお礼

中3生の保護者様を対象とした≪父母説明会≫を知多本校・常滑本郷校・新舞子校で実施致しました。

1、【愛知県の入試システムと現状】
2、【平成25年度 公立高校入試問題分析】
3、【高校受験にむけた注意点】
4、【高木ゼミの受験サポート】
5、【この夏の学習 (夏期講習) 】
の内容を、詳しい資料を用いてお話させて頂きました。

お忙しい中、たくさんのご参加を頂きありがとうございました。
どの校舎もほぼ満席で運営できましたこと、スタッフ一同感激しております。
今後一層気を引き締め、学習指導・進路指導にあたらせていただきます。
今後とも、高木ゼミを宜しくお願い致します。
ご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

130525.jpg

次回 ≪進路説明会≫ は11月に開催予定です

高木ゼミ
スタッフ一同

大きく 見やすく 丁寧に

『2行使って書いてみようか』

そう言うと、その小6生は(少し不満そうながらも)言われた通りにノートに書いて、分数の計算をし始めました。
しばらくすると「やった~、全部丸!」

今日で、ほとんどの中学・高校の中間テスト(Ⅰ期考査)が終わりました。

テストが終わるたびに「ケアレスミスが…」という人。
ケアレスミスはミスではありません。必然です。
普段のノートの使い方、途中式の書き方が原因ではありませんか。

大きく、見やすく、丁寧に。
ノートはぜいたくに使いましょう。

130524.jpg
平林先生より

先を見据えて!

常滑本郷校では、明日の鬼崎中学ですべての中学の中間テストが終わります。
鬼崎中の生徒たちは、明日のテスト最終日に向け最後の確認に追われていました。

130523.jpg

これから来月にかけては、学年によって修学旅行やキャンプなどの行事があります。
また、1か月後には期末テストが待ち構えています。
まず、しなければならないのは『中間テスト範囲の知識』を手放さないこと。具体的には教科書・ノートを読むことです。
テストが終わると同時に次のテストに向け準備をしていきましょう。
あっという間にその日はやってきます。

中3生は明後日土曜日から夏講習がはじまります。
もう受験生の『夏』は始まっているのです。

常に先を見据えていきましょう!

杉江先生より

電気は「モノ」?

最近、駅や公共施設にあるコンセントから携帯電話の充電をする人が増えているそうです。
電気は目に見えないので、「使った」「盗んだ」という感覚になりにくいのでしょう。
(もちろん、よその電気を無断で使えば『盗電』という立派な犯罪です!)

盗電では、こんなエピソードがあります。
今から100年以上前、横浜に電灯線(なんという古い表現!)が敷かれました。
ある男が電気代を支払わずに勝手に電気を使っていたところ、「窃盗罪だ!」と訴えられました。

第1審では、当然有罪となりました。
しかし、東京帝国大学(今の東京大学ですね)の教授が証人に呼ばれ「電気は物質ではない」と証言したので、弁護団は「電気はモノではない。したがって、窃盗罪にはあたらない。」と反論し、第2審ではなんと無罪判決がおりたのです。

電力会社は必死に対抗して、第3審では有罪を勝ち取ったそうですが、どうやって有罪となるよう立証したのでしょうか?

なんと決め手は《 電気はピリッと感じるから!》
つまり手などをしびれさせることができるから、という理由で、電力会社は有罪判決を勝ち取ったそうです。

電気は「目に見えない」イメージの難しい分野ですが、立派な「モノ」です。
これから暑い夏に向かい節電が必要になると、電気が有限なモノであることを実感します。


理科担当者

ゼロの先

     「授業のスピードがはやい!」
     「予習しないと授業についていけない」
     「自習範囲がどんどん出てくる」
     「たった1週間ではとても考査準備なんかできない」
はじめて高校のテスト期間を経験した高1生の感想です。

―だからこそ、すぐに次(6月中旬からのⅡ期考査)への準備をはじめなければならないんだよね。<「終わった」感イッパイ>では困りますよ!

別の日…
彼女の高校は今週火曜日からⅠ期考査。志望校合格へ向け、苦手科目の克服に日々艱難辛苦している高3生です。
      「早く終わらないかなぁ~」
授業後、玄関先で、階段のカレンダーを見ながら、彼女はそうため息をつきました。
―心配するな、タイムリミットは8日、今のところ時間が止まるという話は聞いたことがないから、ちゃんと終わる。はやく終わらせるためには、集中して、「楽しい」試験勉強を心がけなさい。学校の勉強じゃなくて、「受験勉強」をしたいよね?
      「え~違いますよぉ~(苦笑)だって嫌じゃないですか、とにかくテストって…」
―Ⅰ期が終わったらすぐⅡ期考査でしょう。で、すぐに夏期講習…あっという間に冬期、そしていよいよ「センター試験」…でも、それが終わったら二次試験で…おめでとう!大学合格!そうしたら次は…
      「もう、時間なんで、さよなら~」
―はい、さようなら。明日も勉強しに来なさいよ!


高校だけでなく、中学校も試験の時期です。高木ゼミの各校舎には多くの学校の「試験日程カレンダー」が掲示されています。それを見て、ふとこんなことを思いました。
モチベーションを上げるために、カウントダウン・カレンダーは確かに役に立つ。
でも、「0」には、どうしても「終わった感」が滲んでしまう……「0=終わり」ではなく、「0=始まり」の意識を喚起できるような方法はないかな……


沈思黙考すること?分。 いえ、よい方法が見つかったわけではないのですが……

掃除中のことです。先程の高3生が使っていた計算用紙に
     lim(リミット・極限値)の文字…
ん?
lim……、x→+0 で 1/x は ∞ だったはず。
(x→0は、実際は0ではなく、「限りなく0に近づいていくと…」という意味なんですが、まあそれはオイトイテ…)
ということは、1/230、1/229、1/228…… つまり残り230日分の1日、229日分の1日、228日分の1日と、カウントダウンしていくと、
「ゼロ」が「無限大」に転換してしまう。

言い方はヤヤコシイのですが、コレ、中1数学の反比例です。

勉強はしておくべきです。
「lim」や「反比例」を知っていれば、
ほら…、

カウントダウンを終えたとき、そこに無限大の可能性が開けていることがわかる…

  「え~!?カウントダウンが終わりに近づけば近づくほど、無限大の苦しみに襲われるんでしょう」

重岡先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード