FC2ブログ

冬に向けて

買い物に行くと…

「クリスマスのラッピング、お気軽にお申し付けください!」

 

 

テレビをつけると…

「クーリスマスが今年もや~ぁってくるー♪」

 

 

街全体が、冬支度を始めているように感じられます。

そういえば、朝、布団から出るの…辛くなってきたなぁ…。

 

最近は生徒たちも口をそろえて「寒い!」「寒い!」

寒くなると、外に出るのも億劫になってしまいます。

 

なんとか塾には楽しくきてもらいたい…!と思い

常滑本郷校も冬仕度をはじめています。

 

141127.jpg  

(一生懸命作製中…。)

 

校舎がどのように変身するか、楽しみにしていてくださいね!

 

 

鹿嶌先生より


次のステージへ

常滑本郷校では、今日で期末テストが終了しました。

みなさん! 手ごたえはありましたか!

頑張ったコト・苦しんだコトは、あなたの未来に必ずプラスとして現れます。

 

ところで、テストの受け方として重要なことはナニだか分りますか?

スポーツ選手は、記録を測ったり、試合に出たりすることで、フォームや練習の修正をしていきます。

勉強でもまったく同じです。

 

テストが終わった今、すべきことは、

まず、今回のテストで抜け漏れていた分野の補修、テストまで取り組み方を点検、の2点です。

その上で、もう一度テスト問題を解く

 

次の試験で、より高いステージで活躍するあなたに出会うために、いますぐ始めましょう。

フォローアップのための質問を、待っています。

 

 

杉江先生より


テスト開始

本日から多くの学校が試験をむかえます。

 

新舞子校でも、土曜日から本日までに来塾した生徒が150名を超えました。

 

自習スペースで黙々と学習ができた子。

授業中、先生と一緒に『分からない問題』をトコトン解き直せた子。

授業前から「質問があります!」と積極的に取り組めた子。

 

どの生徒も私たちの誇りです。

 

 

ある生徒が言ってくれました。

「家だと誘惑に負けちゃうけど、塾は静かで集中できる。」

いつでも塾を活用してください!

 

どの子も全力です。

いい結果を出せるように頑張っておいで。

 

 

西尾先生より


定期テスト頑張れ!

知多本校ではテスト直前の22日()から本日24日までの3連休、『Challenge 450mins』というテスト対策イベントを実施しました。

 

141124.jpg  

 

50分のテスト対策授業を9時限、合計450分を塾で真剣にテスト勉強しようという企画で、朝から晩まで延べ300人近くの生徒が勉強に来てくれました。

 

通常の授業もありますし自由参加の時間もとっていますので、12時間以上(720分)も塾で勉強を続けた、まさに『挑戦者』も数名現れました。

 

この場で勉強したことが血肉となってテストに現れることを期待しています。

 

 

村上先生より


『も』と『しか』

最近、少し恐ろしく感じる言葉『も』と『しか』

 

わたしが

  『も』経った  と感じていた指導時間を

生徒は

  『しか』経っていない  と感じていたら

 

わたしが

  『しか』出していない  と感じた宿題の量を

生徒は

  『も』出た  と感じていたら

 

生徒の心に「どう響いたか」を気に留めて、指導をしています。

 

 

井元先生より


受験直前の不安と悩み!

11月も下旬となり、私立中学を受験する生徒も勉強の山場にさしかかってきました。

 

駿英会では、9月末、10月末と三者懇談をさせて頂きましたが、その頃から受験する生徒本人よりも保護者の方が緊張しているかな?と感じることがありました。大切なお子さんの進路ですから、無理もありません。

 

さまざまな情報が飛び交っている時代です。

保護者の方には、模試の成績、日々の勉強、受験情報など、気になることがたくさんおありでしょう。

外部からの情報に、つい我が子と比較して落ち込んだり、焦ったり、些細な事にプレッシャーを感じたり、心が揺れ動くのは親御さんの方のようです。

 

子供たちは親御さんの心を敏感に感じとります。

現在、6年生は授業に家庭学習に、大変真面目に取り組んでくれています。

保護者様には、お子さんの努力を信じて『余計な情報はシャットアウト』し、「親の仕事は子供が入試で全力を出し切れる環境づくり」とシンプルに考えていただけたらと思います。

 

6年生のみなさん!

あなたは第一志望校に確実に近づいています。

時には肩の力を少し抜いて充電し、栄冠に向けて頑張ろうぜ!!

 

 

尾之内先生より


パワーショベルとパズルとブロック

ここ数週間、重機の音で目が覚めます(日曜は除く)。

なぜかご近所が建設ラッシュ。

しかも平坦な土地ではないものですから、

 

崖を削るパワーショベル、

その土砂を運ぶダンプカー、

崖崩れを防ぐための鉄骨を打ち込む杭打ち機……

ニギヤカなことこの上なしです。

 

それにしてもまあ見事なシゴトップリ。

ショベルが崖をサクッとえぐると、

今度はショベルをハサミに付け替えた重機(何って名だ?)が、数メートルはあろうかという鉄骨を挟んで、

スカン!ピタッ!

スカン!スカン!ビタッ!!

と、それはまあ寸分の狂いなく組み上げていく……

 

「小学生にはこのスゴサがわからないんだろうな」

そんなことを思いながら、カマビスシイ午前が過ぎ去っていきます。

 

 

重機を手足のように扱うことのスゴサ……ではありません。それは小学生も「スゴイ!!!」と思うことでしょう。

 

私が思い描いていたのはコレ↓

 

 14111901.jpg

 

よくあるパズル問題です。

「矢印が指す方に向かって立ち、このブロックを真上から見るとどんな形に見えますか? 矢印が指す方から見るとどんな形に見えますか?」

 

で……これがわからない小学生が(5、6年生でも)多いんです。

道理でこんな問題が巷にあふれているわけです。

 

 

おそらく工事現場の前を歩いて帰っていく小学生たちの多くは、どんなふうに鉄骨が組み上げあげられているのか想像できていないのでしょう。

ショベルカーや工事現場を、真上から(俯瞰で)、あるいは崖の側から、見ることができないのですから。

 

 

ところで、ネット上には、ご丁寧にもこうした立体を回転させて見せてくれるサイトがあります。

「ほら、スゴイでしょ~(クルクル~クルクル~)上から右から左から~」

 

どうなんでしょう?これはスゴイことなんでしょうか?

それがタブレットであれ、スマホやPCであれ、

結局「今見えている面しか見えない」

ってことにならないでしょうか?

 

 

たとえばこんなものを見ながら、

 

14111902.jpg  

 

実際に自分の手を動かして、こんなものを作ってみる方が、

 

14111903.jpg  

 

「今見えていない面」を楽しく想像できるようになるんじゃないでしょうか?

 

 

少なくとも、

アラウンドビュー・モニターを見なくても自動車を駐車させられるようにはなってくれるハズです。

 

 

重岡先生より


悔し涙

テレビで、全国高校サッカーの愛知県決勝戦を見ました。

今年は中京大中京高校が頂点に立ちました。

 

高校野球でもそうですが、いつも印象に残るのは敗退したチームの選手の涙とそこまでの彼らの道のりです。

 

その悔し涙が、後輩を動かす原動力にもなります。

今までの苦しい練習の積み重ね、それをやりきってきたから出る涙です。

当然涙した選手は、負けはしましたが素晴らしいものを得たと、私は思います。

 

選手の皆さん、素晴らしいものを見せて頂きありがとうございました。

 

生徒の皆さん、たとえ負けたとしても、後悔の涙でなく、納得できる悔し涙が流せるよう一緒に立ち向かっていきましょう。

 

 

杉江先生より


個別体験授業

本日から小学生を対象に、個別指導の体験授業がスタートしました。

 

初めての塾にちょっと戸惑った表情の小学3年生の彼

教室をグルリと新鮮な瞳で見渡した小学4年生の彼女

初日の今日は2人の生徒が体験してくれました。

渡された問題にそれぞれ目を輝かせながら一生懸命に取り組んでくれます。

 

授業後に大きな声で「せんせいたのしかった!」

 

私たち教師への一番のご褒美です。

これからも目の前の学習に前向きに取り組める環境づくりと、

親身な指導を続けてまいります。

 

さあ明日もまだ体験授業は続きます。

どんな子たちと出会えるのかな? とても楽しみです。

 


西尾先生より

チャレンジ450

中学の定期テストまで10日あまり。明日15日()から、知多本校の定期テスト対策がスタートします。

 

受験を控えた中3生は、今度のテストは「落とせない」という気持ちが強くあり、テストに向けた取り組みが今までにくらべ早いように感じられます。

このテストに向けた勉強が実力をつける勉強につながればと思っています。

教科書やノートをしっかりと読み返し、曖昧な箇所を一つひとつ潰していく…。

 

(課題の問題集を「とにかくこなす」ってことにはして欲しくありません)

 

定期テストの直前の3連休。知多本校では『Challenge 450mins(チャレンジ450)』と銘打って中1から中3それぞれ7.5時間対策のイベントを行います。


141114.jpg


このイベントが、テストに向けた【最終確認の場】になるよう盛り上げていきたいと思っています。

 

 

村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード