FC2ブログ

4月から小学生の錬成クラスでは、『国語力マスター』の授業がスタートします。

この取り組みは、昨年の冬期講習で行った『慣用句マスター』をさらに深め、他の内容も含めて年間講座として実施するものです。

今、その準備をいろいろ行っています。

 

その中で考えたことです。

 

『道』という漢字

私はこの漢字を、外敵の首を道に埋めて外敵の侵入を防ぐとか、道に外敵の首持ち歩いて道にはびこる怨霊を鎮める、だから「しんにゅう(しんにょう)」に「首」という字になると覚えた記憶があります。

 

ところが、調べてみると、

人間の「首」は食道、気管、血管などの通り道が集中している場所であるからであるとか、遠くまで人の顔がはっきり見渡せる場所であったからとか、いろいろな説があるようです。

 

先に書いた「おどろおどろしい」道の語源は、『道を説く』などと使う「道」とのギャップが大きく、なんとなく自分の印象に残ったのだと思います。塾の講師の「性」ではないですが、「面白い! 使えそう!!」って考えたのだと思います。

ただ、その語源について、自ら調べたわけではなく…。

ギャップの大きさには「何か」あるかも知れないって思ったのですが……。

 

物事を無批判に受け入れることは慎まなければ…… と自分を戒めた次第。

 

 

村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード