FC2ブログ

一歩前へ!

カナダやアメリカには、Gifted(ギフティッド)を政府や州が認定し支援する制度があります。

Giftedとは、贈り物を意味するギフト(gift)が語源で、先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている人のことを指すそうです。(まさに、天から与えられた資質ですね)

 

Giftedの子供たちは、一般的な教育方法では優れた成績や才能を発揮できない傾向があり、欧米ではGifted用にそれぞれの才能を伸ばす英才教育が行なわれているそうです。

 

その「ギフティッド」に9歳で認定された日本人がいます。彼は12歳のとき飛び級で高校へ入学、2014年春、14歳でカナダの名門大学5校に合格という快挙を成し遂げました。彼が進学した大学はカナダで第1位にランキングされる超難関校で、しかも奨学金や研究助手もついていたそうです。(本にもなり、メディアにたくさん取り上げられたのでご存知の方も多いのでは)

 

 

彼の記事の中で、とても印象に残る事がありました。

 

カナダでは、自力で何かを企画してそれを人前でプレゼンテーションする能力を徹底的に磨かれる。音楽やダンスなどのオーディションに、あまり上手じゃない子でもガンガン応募し、落ちても、何度も何度もトライする。学校でも、とにかく手を挙げることが奨励されているので、先生が、「質問は?」と尋ねるとみんながどんどん手を挙げる。

 

カナダは【一歩前へ】という文化だから、チャレンジすることを先生も生徒も否定しない。

 

横並び意識が強い日本の子どもたちとのギャップに、愕然としました。

 

 

尾之内先生より

できなくても、考えたぶんだけ…

今日はGW最初の祝日です。昼間は汗ばむほどの陽気でした。

高木ゼミ知多本校では『パズル道場 親子体験会』を開催しました。


体験会とはいえ、パズル道場の授業ですから、まずは【できなくても、考えたぶんだけかしこくなる】の唱和から。


短い時間に区切って考える「ベーシック・トレーニング」―― 頭をパズル脳()に切り替えるスイッチです

対戦式で立体把握力を鍛える「立体四目」や「スティック・ゲーム」


150429a.png


そして、「道をつくる」「積み木」「フォープレイス」などのペーパー・パズル

こどもたちの机の上には、消しゴムのカスがどんどんたまっていきます・・・。

150429b.png 

「ああでもない、こうでもない」といっぱい頭を使ったGWの初日となりました。

今日解くことができなかった問題に、ご家庭でぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

一生懸命に課題に取り組んでくれた生徒の皆さん。笑顔で見守ってくださった保護者の皆さま。有難うございました。



スタッフ一同


春愁のかぎり?

ここ数日の妖気、もとい「陽気」は、夏を想わせますね。

 

午前中ふらっふらっと近所をハイカイするのにも、

 

       生きて帰らばや、

 

帽子と水が欠かせなくなりました。

 

気づけば、5月5日の端午の節句…ではなくて「立夏」、まで一週間。

 

ユウウツだったあの「桜の森の満開の下」も、

いまでは青い若葉におおわれて

「小さな谷川の底」のよう。

風が笑うと「にわかにパッと明るくなり、

日光の黄金が夢のように水の中に降って来」ます。

 

 

いまが盛りのわが家のツツジ。

赤とピンクが

「ツンツンと目にしみ込みます」。

 

 

春愁のかぎりを躑躅燃えにけり  秋桜子

 

 

重岡先生より


応援団

授業の最中、何やら目線が…。

 

一枚目  

「……。」

 

二枚目  

「じ~…。」

 

つぶらな瞳であなたを見つめる

「ウォンバットさん」(チューターさんの筆入れです)。

なんだか、見ているだけで応援されている気分になりますね。

 

三枚目  

 

先生たちも、負けずにあなたを応援しています!

がんばれー!

 

鹿嶌先生より

 

 

ウォンバットってどんな動物なんだろう…。

と思い検索したところ、少し癒されました。

そして、思ったより大きくて驚きました。

よろしければ、画像検索してみてください。

最大の関心事

私がちょうど君たちと同じ小中学生の頃、生活の中で強く疑問に感じていたことがありました。

一時はその疑問ばかりが頭をよぎり、他のことに全く興味が
沸かなかったほど…。

 

 

 「なぜ自分は生まれてきて、何のために生きているのだろう?」 

 

 「生きる、存在する、ということはどういうことなのだろう?」

 


こんな素朴な疑問でしたが、私にとっては最大の関心事でした。

 

やがてこの疑問に大きな世界観を与えてくれるものとなったのが【宇宙への関心】でした。

 

150424.jpg  

↑この1枚の宇宙の写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた約1億個の星々。是非、動画にてご覧下さい。

http://tabi-labo.com/81819/15billion-pixel/

 

現代の科学の力を尽くしても、説明できない宇宙の事象はまだたくさんあります

この宇宙のスケールの壮大さに触れると、疑問を抱いていた自分はとてもち
っぽけに見えるのと同時に、なんだかとてつもなく大きいものに包まれているのだと感じ、むしろ安心してしまいます。

 

 

決まりきったルールや法則、既成概念の上に成り立っている日常生活では、物事の隠れた真実や本質を見出すことはとてもむつかしいことです。

 

しかし、そうした環境の中でも、絶えず自分としての疑問を持ち、自分の目で物事を確認しようとする姿勢を持てば、必ず何かが見えてくるはずです。

 

それは疑問そのものを解決するよりも大切なことかも知れません。

 

なぜならそれが生きることにつながるからです。

 

 

森光先生より


今年度最初の月例テスト

小、中錬成クラスでは今日までの3日間にわたり、今年度初めての『月例テスト』を実施しました。

このテストは、塾で1か月間勉強した内容について定着度を確認して、十分ではない部分の補強を行うためのものです。

2週間前からテスト範囲を発表して、テストに向けた課題――その多くは、事前に解いた経験のあるもの――を出し、テストに向けた準備をします。

高木ゼミでは、

 授業 → 宿題 → 次回授業での確認 という日々の学習サイクル、

 月例テストを契機とした1か月単位の学習サイクル、

 定期テストを契機とした学習サイクル

 夏期などの長期休暇の講習会を用いた、学期ごとのサイクル

など、何度も触れることで基礎・基本の理解を深め、応用力や展開力をつけていこうと考えています。

 

その学習スタイルの根幹にあたる『月例テスト』。塾生の皆さん、手ごたえはどうでしたか?

 



村上先生より

珍客

先日の常滑本郷校での出来事。

授業後の片づけを終え、帰宅しようと玄関に向かったところ

 

バサバサバサッ

 

150422.jpg  

 

こいつが玄関から勢いよく塾の中に飛び込んできました。

一気に2階へと向かっていったかと同時に

 

ゴン!

 

常滑本郷校の階段の上の天井には、ガラス張りになっている部分があります。

そこから外に行けると思ったのでしょう。思いっきりぶつかって一瞬ふらついていました。

 

2階の窓と玄関を開け、なんとか外へ誘導しようと試みるも、

 

ゴン!

 

だからそこはガラスだって。

 

ゴン!ゴン!

 

・・・。

 

10分も過ぎたでしょうか、ようやく2階の窓から出ていってくれました。

 

「鳥類の入塾はお断りします」と玄関に貼っておくべきでした。

 

渡辺先生より

全国統一小学生テスト 受付開始間近!

毎回たくさんの方に受験して頂いている『全国統一小学生テスト』も、今回で16回目を数えます。

6月7日(日)実施分は、いよいよ4月28日(火)より受付開始です。

 

高木ゼミではテストと同時に『保護者セミナー』を実施します。

今回のテーマは【 教育最前線&できる生徒のノートのとり方】です。

ノートの使い方の例を示しながら、「できる生徒のノートのとり方」について具体的にお話し致します。

 

ご興味のある方は是非、ご参加下さい。

 

150421.jpg  

 

尾之内先生より


定期テスト特訓

本日20日から

 

Win 新知校・新舞子校で

『定期テスト特訓』 がスタートしました!

 

 

特に、この春中学生になった生徒は

「定期テストって、どんなテストなんだろう…」

と不安な様子。

 

そんな不安を

「こんなに頑張ったから大丈夫!」

「テストなんか、へっちゃらだもんね!」

と変えてしまうような定期テスト特訓にしていきたいと思っています。

 

 

新学年に上がって初めてのテスト!

どの子にとっても、大切なテストということは言うまでもありません!

 

申し込み用紙には

「余裕を持って定期テストに臨むためには、1か月前には対策を始める必要があります」

と書かれています。

 

1か月前…

 

「まだ、時間があるから…」と、たかをくくっているあなた!

あなたはいつからスタートする?

空席がだんだん少なくなっていきますよ!

 

 

鹿嶌先生より

他者を想像する力

有名な、○○○大学医学部の小論文問題についてのお話です。

先日2015年度の問題とされるものを見ましたが、

やはり2012年の難度にはかないません。(毎度のことながら、“実にあやしい私見”にもとづいて…の話ですけれど……)

 

問題W. Eugene SmithによるThe Walk To Paradise Gardenと題された写真です。男性は写真右の男の子に、女性は写真左の女の子になったと仮定して、彼らは何を考え、これからどこに行こうとしているのか800字以内で述べなさい。

 

150418.jpg  

 

私の解答例ですか?

 

私はまだこちら側、

暗がりの中です。

 

 

重岡先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード