FC2ブログ

無粋の極み

とはいっても、恋愛の話ではなく、

とある大学の、とある学部の学位伝達式式辞のお話です。

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/message/oration/

 

もちろん、「その式辞が実に無粋で…」というわけじゃありません。

野暮で無粋なのは、これからの私のお話です。

………

………

 

たしかに、

フリードリヒ・ニーチェの著作『ツァラトゥストラ』にあります。

第1部 第17章 「創造者の道について」

第30行: 

  きみは、きみ自身の炎のなかで、

  自分を焼きつくそうと欲しなくてはならない。

  きみがまず灰になっていなかったら、

  どうしてきみは新しくなることができよう!(吉沢伝三郎訳)

 

この言葉を受けて、石井先生はこのようにおっしゃっています。

「皆さんも、自分自身の燃えさかる炎のなかで、まずは後先考えずに、灰になるまで自分を焼きつくしてください。」

「もちろん、いま私が紹介した言葉が本当にニーチェの『ツァラツゥストゥラ』(引用者注― 先ほどの『ツァラトゥストラ』と表記がちがいますが、HP原稿のままです)に出てくるのかどうか、必ず自分の目で確かめることもけっして忘れないように。もしかすると、これは私が仕掛けた最後の冗談なのかもしれません。」

 

はい、調べました。

 確かにありました!

 燃えます! 完全燃焼します!!

 

 

ん??

 

そんなに単純?

 

 

この式辞の中心は、

世に広く知られている「大河内総長の式辞」、

「肥った豚よりも痩せたソクラテスになれ」の真偽をめぐる話です。

 

実際に言ったの? 言わなかったの?

この言葉の前後は? 出典は? 原典は?

 

 

では

同じように先程のニーチェの言葉の前後を調べてみましょう。

29行:きみはきみ自身にとって、

   異端者であり、

   魔女であり、

   予言者であり、

   阿呆であり、

   懐疑家であり、

   不浄の者であり、

   悪漢であるだろう。

 

31行:孤独な者よ、

   きみは愛する者の道を歩み行く。

   きみは自分自身を愛し、

   そのゆえに、

   ただ愛する者たちだけが軽蔑するような仕方で、

   自分を軽蔑するのだ。

32行目:愛する者が創造しようと欲するのは、

   彼が軽蔑するからなのだ!

   自分が愛するものを、

   まさしく軽蔑することを余儀なくされなかった者が、

   愛について何を知ろう!

 

さて

「皆さんも、自分自身の燃えさかる炎のなかで、まずは後先考えずに、灰になるまで自分を焼きつくしてください。」

これを<悔いの残らないよう完全燃焼しなさい!的な陳腐なメッセージ>だと

受け取っていいのでしょうか

 

「私くらいの年齢になると、炎に身を投じればそのまま灰になって終わりですが、皆さんはまだまだ何度も生まれ変われるはずです。これからどのような道に進むにしても、どうぞ常に自分を燃やし続け、新しい自分と出会い続けてください。」

 

石井先生は冗談めかして簡単におっしゃっていますが、

 

人は「新しい自分」を知る途上で、

今の自分、

古い自分、

変えるべき自分

阿呆で汚い魔女や悪漢である自分、

つまり

「七つの悪魔」(28行)である自分

に直面しなければならないのです。

 

自分の中の醜悪を知り、

自分自身を軽蔑し、

人から嘲笑されながらも、

それでもなお、

自分を信じ愛し続け、

新しい自分自身(ニーチェっぽく言うと「超人」ですか?)に変わるのだ!

という信念を決して失わず、

日々精進しつづけなさい。

 

式場で聞いている限りでは、

<悔いを残さぬよう完全燃焼しよう!>と受け取れるこのメッセージですが、

石井先生がおっしゃるように原典をあたってみると、

それが実に厳しいメッセージであったことがわかる。

 

そしてこれこそ、石井先生「が仕掛けた最後の冗談」、

(笑えない)ユーモアなのだと思うのですが……

 

どうでしょう?

 

 

重岡先生より

 

P.S.

ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ニーチェが強く影響を受けていると思われる)の「聖なる憧れ」という詩や、

同じゲーテの『ファウスト』「魔女の厨」(悪魔とともにあれば、炎など恐るるに足らぬ)、

芥川龍之介『地獄変』(『宇治拾遺物語』の「絵仏師良秀」のほうが短くて読みやすいかも)

を読んでみてください。

ツァラトゥストラ(=石井先生)の言葉を、もっと深く、もっと広げてくれるはずです。

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード