FC2ブログ

プレッシャー

 

小・中学生の錬成(一斉授業)クラスの夏期講習は、スタートから1週間が経ちました。

中3生は、英・数・国・理・社の5科目の授業が連日続きます。(授業のない日もありますが…)

子供たちは、事前課題や授業の振り返りだけでも多くの時間が必要です。

 

そんな子どもたちに私は『プレッシャー』をかけ続けています。

 この夏に克服すべき課題を克服するために、具体的に何をするの?

 今日の授業で解けなかった問題、曖昧にしないために何をするの?

  ……

 

中3生に限らず、子どもたちはみんな、「必ずこれをする、こうなりたい!」と『想い』をもってこの夏休みを迎えたはずです。

塾でも、先輩はどのように夏を過ごしたか、具体的な事例の話をしてきました。

子どもたちも「その気」になったと思います。

 

同様に、いくら高い志をたてても、思い通りに事が進むってことは難しいのではないかとも思っています。

 

人はだれでもそうなんでしょうが、

「他人につく嘘」は許せないし、したくないって思います。

一方、「自分自身」にはついつい嘘をついてしまう。

   (そして、自分はダメなやつだって落ち込む…)

 

子どもたちが夏休みが始まる前に立てた目標。

全うできるよう、プレッシャーをかけ続けたいと思っています。

 

村上先生より

まずは机に向かう習慣を

小学生が登塾してくるなり、

「先生!学校の夏休みの宿題がもうすぐ終わるよ」

嬉しそうに言ってきました。

 

夏休みが始まったばかりの先週土曜日のことです。


160727.jpg

学校のないこの時期は、ついつい勉強を後回しにしてしまいがち。

自分から机に向かう“能力”は、とても貴重です。

 

勉強はやらされているという気持ちではなかなか伸びませんが、

まずは習慣にして当たり前に机に向かってみる。

それが出来たら、いつしかいろいろなことに発見が生まれ自分から楽しんで勉強できるようになります。

そこからはもうどんどん伸びて行きます。

 

塾の授業はもちろんですが、ぜひこの夏休みの間に自宅でも机に向かう習慣をつけてみてください。

 

加藤先生より

 

受験生の夏、始まる!

駿英会の夏期講習も3日目を迎えました。

受験生である小6生にとっては、夏は正念場です。

昼の12時30分から授業が始まると、それぞれが以前にも増して集中して取り組みます。

 

授業後は「ああでもない、こうでもない」と思考を巡らせながら、教室で自習を始めています。お母さんに作っていただいた弁当持ちの生徒もいます。

 

長いようで短い夏休み!

6年生諸君、暑さに負けず、1日1日を大事にしよう!

この夏、一人ひとりが大きく飛躍してくれることを願ってやみません。

 

尾之内先生より

夏、真っ盛り!

校舎に入ってくるなり「先生、今日は声が出ません」

かすれた声です。

 

部活の試合で、下級生として全力で応援してきた証です。

晴れ晴れとした表情が印象に残りました。

 

本日22日からいよいよ夏期講習が始まりました!

 

「この夏、分かるようになりたい」「もっとできるようになりたい」と願うその気持ちに寄り添えるように、全力で指導をします。

この暑い夏を、一緒に熱く乗り切りましょう!

 

中井先生より

 

1学期終了!

1学期が本日で終わり、子どもたちにとって待ちに待った「夏休み」がスタートします。

 

何名かの塾生に夏休みの予定を訊くと、「友達とUSJに行く!」、「田舎のおばあちゃんの家に行って、近くの川で魚を取るんだ!」と楽しそうに答えてくれます。

 

一方で、「苦手な数学を少しでもできるようにしたい!」、「普段、塾で取っていない英語を教えてもらいたい。」という声も聞きました。

 

子どもたちそれぞれにこの夏でやりたいことがひしひしと伝わってきました。

 

約40日間の夏休みも1日1日が充実すればあっという間に終わってしまいます。

 

ただ、せっかくの夏休みですから、勉強について「苦手な科目を克服しよう。」、「得意な科目をもっと伸ばそう。」というように何か打ち込める科目があってもよいと思います。

 

夏休みが終わったとき、子どもたち一人ひとりと勉強との関係によい変化があることを期待したいと思います。

 

田端先生より

 

虫との闘い

最近、日ごとに暑くなってきているのが分かります。

『本日、東海地方の梅雨が明けたと思われる』(梅雨明け宣言ではなくなったのですね)と発表されました。

 

ふだんの生活の中でも、ちょっとしたことに【夏】を強く感じる瞬間が増えてきました。

 ナスやトマトが美味しく感じられるようになったり

 無意識に自動販売機でジュースを買ってしまったり…

 

常滑本郷校でも、夏を感じることがよくあります。

それは…元気な虫たち。

校舎の入り口の戸が少しでも開いていると、勢いよくカナブンが飛び込んで来ることが近頃めっきり増えました。

 

虫が入ってくる度、思わず声をあげてしまう生徒も少なくありません。とくに女子生徒の中には「虫がとにかく苦手」という子も少なくないように感じています。

 

先日の授業中のこと、窓を閉め切り、エアコンで快適な温度になっている教室にも、何かの拍子にすこし大きめの虫が入ってきました。( 騒がしくなってしまうかな… )と少しだけ不安になりましたが、たまたま問題演習にチャレンジしていたタイミングだったせいか、気づかれることもなく、静かに虫を教室の外に追い出すことに成功しました(笑)

 

「みんなが集中できている瞬間」って、すごいな…と、思わず感心してしまうひとときでした。

 

また、同時に、

「みんな、普段からこんな調子で、もっともっと集中して勉強に向き合ってくれると良いのになぁ…」

思わず、心の中でつぶやいてしまいました。

 

とにかく、夏休み。よく遊び、よく学んでほしいものです。

暑さに負けず・虫にも負けず、頑張れ!夏期講習!

 

 

奥村先生より

 

共感、共有する

褒めることって難しいですね。

「よく頑張ったネ!」「やったジャン!」「素晴らしい!」「すごいじゃないか!」…

子どもたちと話している時には、あんまり考えずに口を衝いてでてきた言葉をそのまま発しているように思います。

 

ただ、ふっと考えてみると…これらの言葉を発しているとき、自分はどんな「表情」をしているのでしょう。まあ、子どもたちの健闘を素直に喜んでいる(実際そうなんですが)ような表情をしているんだとは思います――根が単純な人間ですから。

ただ、「言葉」なんです。

 君のガンバリは、称賛に値する

 結果はどうあれ、ここまでの君の努力は評価されるべきだ

 あなたの努力や成功は、自分も同様に嬉しく感じる

 

子どもたちの成功や奮闘、達成感を「共感」している。言葉ですから、それを伝えることはできる。ただし「共有」はしてないって感じです。

 

Gimme five!

って,パット右手を挙げることのできる人、羨ましいです。

 

村上先生より

 

三者懇談にて

「勉強ができるようになりたいから……」

 

消え入るような声で絞り出した、生徒の言葉です。

 

今の自分の行動を、自信をもって「勉強している!」と言えなかったのでしょうか、小さい、本当に小さい声でした。

 

私や彼女に関わる講師は、そんな彼女が一生懸命やっていることは分かっていました。

彼女の『頑張り』を認めた上で、自分の手でこれからの学習の作戦を立てさせ、学習方法をアドバイスしました。

懇談が終わるときには、「何かが変わるかもしれない」と思うくらい明るいいい表情になっていました。

困ったことがあっても、その悩みの正体に気づき、具体的にどうするかを決められたことが大きな変化をもたらしたのだと思います。

 

「これからも、分からない課題があれば、いつでも質問してくれて大丈夫だからね。」と背中を押しました。

頑張っている生徒を心の底から応援し、支援していきます。

 

中井先生より

個別コース 夏期講習スタート!

本日より個別コースの夏期講習が始まります。

 

高木ゼミの個別コースの夏期講習は9月10日まであり、部活動や習い事などでなかなか日程が合わない塾生に配慮して2か月間にわたって設定しています。

 

先日行った懇談会では、『期末テストで芳しくなかった科目をこの夏で克服したい。』、『普段受講していない科目を取って復習したい。』などのご意見を塾生や保護者の方より頂戴しています。

 

「子どものために何とかしてあげたい。」という保護者の想い、「勉強は頑張っているけれど、なかなか思うような成果がでない。」という塾生の悩みに対し、夏期講習を通じて応えられるよう指導員とともに全力で向き合っていきます。

 

ご期待ください!

 

田端先生より

思い出す夏休みの後悔

テストや懇談会を終えて、受験生にとっては特に大事な夏休みが始まります。

懇談会で印象に残ったのは、「夏の間に~を頑張ろうね」と伝えた生徒のほとんどが「分かった」と返事をしながらも乗り気ではない顔をした事でした。

誰もが遊びたい夏休み。だからこそ周りに追いつき、追い越し、差を付けるチャンスなのです。

 

どうしても課題や勉強を後回しにしてしまうタイプだった私は、遊んでいても心のどこかで必ず勉強をしていない事への不安がよぎってしまい、充分に楽しみ切れなかった事を思い出します。

 

さらに悔しいのが、夏休みに勉強を頑張った人の方が実は遊びの面でも圧倒的に充実していたという事です。

考えてみれば当然で、どんな遊びをするにもできるだけ不安や心配が無い方が楽しいもの。

もっと凄い人はその勉強すらも楽しんでいましたね。

 

勉強にも遊びにも全力!!

そんな後悔の無い夏休みを過しましょう!

 

加藤先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード