FC2ブログ

太陽に向かって咲く花

常滑市のコミュニティに植えられている「ひまわり」が、今を盛りに咲き誇っています。

 170731.jpg 見る人の心を落ち着かせ、前向きにさせてくれる「ひまわり」は別名、「黄金の花」と呼ばれています。

 

「黄金の花」と言われる理由の一つは、大輪に輝く花の色ですが、もうひとつ数学(関数や数列)で考えることができます。

(興味のある小中学生は、質問をしてくれると私は嬉しいです。)

 

聞き慣れない用語ですが、ある規則性を持った『フィボナッチ数列』という有名な数字の並びがあります。(数字の並びを「数列」と言います)

その数列には、黄金比(や黄金角)という、「見る人だれもが『美しい!』と感じる比」がかくれています。実は、この黄金比は「ひまわり」の中心の小さな花やその種の配列の中にも存在しています。

自然に咲いているどの「ひまわり」も、精密に黄金角(約 137.5°)で種がついているのは、たいへん不思議で、驚きですらあります。

 

「かたつむりの殻」や「台風の渦」、「みつばちの巣の中にいる雄と雌の比」などにも黄金比(や黄金角)が隠されています。

このように、自然界にはたくさんの不思議で満たされていることに驚かされます。

 

 

常滑本郷校

担当 スタッフより

元気です、新知校!!

夏休みに入って1週間が過ぎました。

私にも、旅行や花火大会等に行き、楽しかった思い出がたくさんあります。

 

最近、塾生からは、家族旅行や部活動の大会などやむを得ない事情での欠席連絡をよく受けます。

 

家族行事、部活動の大会も当然応援したい高木ゼミです。

 

お約束した授業はもちろんさせて頂きますので、『振替願』の用紙を必ず提出いただけるようお願い致します。

 

夏休みに入り、ありがたいことにたくさんの夏期講習生を迎え座席の回転数が上がっています。

なんとかご希望の日に振替を実施したいのですが、ご希望に沿えないことも出てきています。

 

保護者様には、ご希望日時を「できるだけ多めに」書いていただけると助かります。

 

よろしくお願い致します。

 

 

加納先生より

オカマの「ケイショウ」

「先生、オカマにもケイショウをつけるの?」

つい先日、ある中学生から質問されました。

「???」

何のことか全くわからずに、困った顔をしていた私を見かねたのか、その生徒が「ほら、ここ」と英文を指してくれました。

 

   Mrs. Davis is .

 

ナルホド、男性につける敬称はMr. で女性にはMs. だ、それではrs両方を使うMrs. は「オカマの敬称」という発想です。

 

彼らは、既婚女性につけるMrs.という敬称を習っていません。せっかくのチャンスですので、敬称について簡単に説明しました。

  Mr. Ms. Miss Mrs. …  ファースト・ネームにつけたらおかしいことや、Dr.~などのように職業などでも使うケースがあることなどなど。

 

最後に、知らない単語がでてきた場合に、「わからない」って放り出すんではなく、自分の持っている知識や文脈から推理してみるっていう態度は素晴らしいということを確認してその授業を終了しました。

 

 

村上先生より

目標を持って!

奈良に行ってきました。

若草山では、シカの群れに襲われてきました。

東大寺では、夏期講習の成功と皆さんの学力向上を大仏様にお願いしてきました。

 

と、突然ですがここでクエスチョン!

     Q1:東大寺の大仏をつくった天皇は?

     Q2:Q1の天皇が大仏をつくった理由は?

     Q3:大仏づくりを手伝った仏僧は?

     Q4:奈良の大仏の正式な名前は?

     Q5:出題者は、大仏殿の柱にある「大仏の鼻孔の大きさの穴」を通れた?

(答えが分かった方は、ぜひコメントへ!)

Q5の正解だけは、聞かないでください。泣

この夏期講習、一生懸命に授業をして、汗を流してリベンジします!

 

 

さて、一斉指導の夏期講習も、今日からスタートします。

 

学校の授業が止まる夏休みこそ、【質の高い学習】をするチャンスです。

精力的に復習をして、これからの学習の基礎を固めましょう。

また、しっかりと予習をして、気持ちよく2学期を迎える準備をしましょう。

 

長丁場の講習になります。きちんと体調を整えて授業を受けましょう。

そして、自分なりの『目標』を持って授業を受けましょう。

 

『目標』を持つ人間と、そうでない人間とでは、成果や結果に大きな差が出ます。

是非、具体的で大きな大きな目標を掲げて、講習に臨んでください。

一緒に頑張りましょう。

 

 

外山先生より

1学期期末テスト結果

新舞子校に在籍している中学生のテスト結果がそろいました。

 

以下に生徒の奮闘ぶりをご紹介します。

 

下記のテストの結果のうち点数アップについては、普段受講している科目とテスト前の追加受講の科目のみで表しています。

 

Aくん: 1位 → 1位 (中間・期末テスト 連続1位獲得!)

Bくん:33位 → 31位(自己最高!)

Cくん:25位 → 17位(自己最高!)

    76点 → 86点〔英語〕

Dくん:109位→ 93位

Eくん:28点 → 62点〔数学〕(初の平均点以上獲得!)

Fくん:32点 → 48点〔数学〕

Gくん:97位 → 76位(自己最高!)

    39点 → 51点〔数学〕

Hくん:13位 → 10位

    87点 → 95点〔数学〕

Iさん:29位 → 25位(自己最高!)

Jさん:40位 → 27位(自己最高!)

    90点 → 94点〔数学〕

Kくん:80位 → 65位

Lくん:117位→ 57位(自己最高!)

Mさん: 7位 → 5位

Nさん:99位 → 95位

    55点 → 69点〔数学〕

Oさん:38位 → 28位

    45点 → 75点〔英語〕

          

テスト直前に慌てて追加で受講した科目で得点を伸ばしている生徒がいます。

 

また、6月25日の勉強会で徹底的に教えてもらったおかげで、今回のテスト結果に表れていた生徒もいます。

 

この結果を出すために、子どもたちは相当な努力をしてきました。

 

塾として当たり前ではありますが、今後も前回よりも点数を上げ切る指導を行い、1点でも上がった生徒についてはしっかり「承認」して次のテストも好結果を出せるように導いてあげたいと思います。

 

 

田端先生より

400時間!

先日、高校3年生から聞いた夏休みの『目標勉強時間数』

用紙には、夏休み400時間突破計画!

思わず、計算

40日で割ると、1日10時間

夏休み中、体験入学もあるから

1日約12時間?

さすが高校3年生

(サンプルには7月10日開始、512時間と明記されている!)

 

駿英会生徒の夏期講習授業時間数

約100時間

ガイダンス時に400時間のことを話すと

彼らもびっくり!

 

時間数だけが、全てとは思いませんが

何事にも相応の時間が必要なのも事実

 

この夏、受験生諸君が大きく飛躍してくれることを願ってやみません

 

 

尾之内先生より

夏期講習

今年も暑い夏がやってきました。

新知校では、ひと足早く夏期講習が始まっています。

今年もたくさんの生徒からお申込みいただいております。

学年を問わず、学校の勉強が止まる夏休みは過ごし方によって大きな分かれ目となります。

のんびりしていては、いつもより勉強をできる時間が少なくなってしまいます。ぜひ勉強をする環境として高木ゼミを使ってください。

自習室の席の予約も承っております。

 

不安な科目・単元に的を絞って克服するには、本当に貴重な期間です。

みんなでこの夏、頭を体を使い切りましょう!

 

 

加納先生より

いざ「花ひろば」へ

「向日葵」が大変見ごろになるということで、南知多町の「花ひろば」に足を運びました。


ハッと息をのむような、見渡す限りの向日葵畑。

自分自身、心が躍っているのが分かりました。


花ひろばさんでは、5本までなら向日葵を切り取っても良いということでした。

ありがとうございます。


切りとった向日葵を、上空に向けて記念写真をパシャリ!

あいにくの曇り空で残念でしたが、大輪の向日葵たちは、とてもきれいでした。


170712.jpg  

 

 

常滑本郷校

担当 スタッフ

きつねのよめいり

部屋の掃除をしていた時、古い入館チケットとパンフレットを見つけました。

半田市にある『新美南吉記念館』!

 

日付のスタンプは、ナント15年前!

懐かしいなぁ~(^^

 

思い立ったが吉日!

早速、行ってきました!

 

幼い頃、母に連れられて来た思い出。

貴重な資料を拝観し、新たに得られた知識。

大人になった「今」だからこその楽しみ方がありました。

将来、子供ができたら、また来ようと思いました。

 

さて、館内を見学し終わって、書庫で作品を読んでいたところ……

  「ん?雨のにおい??」

日光は、窓からさんさんと差し込んでいるのですが……

それをあざ笑うかのように、窓に打ち付ける雨粒。

 

―――!!

やられました。狐の嫁入り。

急いで帰宅するも、時すでに遅し(´;ω;)

朝、ベランダに干した洗濯物や布団は無残な状況に。

トホホ……

 

こりゃ、天国にいる狐の『ごん』に、イタズラされたかな。

それとも、『ごん』がお嫁さんをもらえたのかしら。

なんて、ほっこりしながらも、再び洗濯機を回した日曜日でした。

 

 

外山先生より

『宿題』

今年度の第1回懇談会を行いました。

懇談会は、保護者のみなさまのお考えを直接うかがう貴重な機会です。

お忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。

 

今回の懇談でも考えさせられることがありました。

 

テスト勉強についてこんなお話しがありました。

  お母さん「〇〇はもう解いたの?」

  子ども 「解いたよ」

  お母さん「(解いたのを)ちょっと見せてよ」

  子ども 「だから、そんなのは授業でとっくに解いてるよ」

  お母さん「……(カチン)!」

 

「もう解いたの?」の意味が、「テストに向けて、解き直しをしたの?」という意味であることはお子さんにも分かっているハズ。

だからこそ、お母さんには、そのズルイ言い訳が頭にくるわけなんですね。

 

このやり取りを聞いて、即座に「それはダメだ」とお子さんに伝えました。

その答え方は失礼だ、と。

 

ただ、子どもがそんな『歪められた』言い方を「わざわざ」する理由も考えてみることは必要かもしれません。

 

 

こんなこともありました。

 

歴史の苦手な子どものために漫画やDVDを紹介してほしい、と。

「歴史」「漫画」という言葉に反応してしまった私は、てっきり学習漫画のことだと思い込んで、「『〇〇館』よりも『□□社』の方が好きです」というような話をしたところ、そうじゃない、と。

楽しみながら、歴史的背景が自然に覚えられるような映画や漫画はないですか?ということだったのです。

社会科が(そんなに)苦痛だとは感じたことのなかった自分にとっては、思いもよらない「学習」法で、これは面白い結果が出るかもしれない!って感じています。

 

ただ、この質問には即答できませんでしたので、『宿題』にさせてもらいました。

 

村上先生より


プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード