FC2ブログ

平成30年度 公立高校入試結果《新舞子校》

今春の新舞子校の公立入試結果をお知らせします。

 

私立入試で苦戦し背水の陣で追い込みをはかり、見事に第1志望校を勝ち取った生徒もいます。

 

半田高校

横須賀高校

東海南高校 

熱田高校

常滑高校

半田農業高校

など

 

合格おめでとう。

 

これまでの一人ひとりの頑張り、そして保護者のご苦労を思うと、胸がいっぱいになります。

 

高校入試を通じてパワー・アップしたあなたの今度のご活躍に大いに期待します。

 

田端先生より

サプライズ!

25日の日曜日、名古屋ドームでオープン戦を観戦しました。

松坂投手が5回を3点に抑えたことを論じたいのではありません。

 

中日OBの川又さんが来られ握手できるという、私にとって大きなサプライズがありました。

 

サプライズって本当に嬉しい! と実感しました。

 

180328.jpg  

 

尾之内先生より

桜を先取り

暖かな陽気に誘われて、家族で南知多に行ってきました。

昼食においしい魚を頂いた後、予定外の「いちご狩り」まで楽しんできました。

(相変わらず、高カロリー?な休日です)

 

師崎港の近くにある聖崎公園では、河津桜が満開!

ちょうど、見ごろを迎えていました。

 

IMG_4874.jpg  

 

ソメイヨシノの開花より一足先に、お花見も楽しむことができました。

休日をゆっくりと楽しみながら、

満開の桜の姿に、凛と引き締まる思いがしました。

 

今日の授業も、精一杯頑張ります!

 

 

外山先生より

文房具好き

「だって、僕は文房具が大好きだから…」とある男の子が答えてくれたのは英語の授業中でした。プリントで問題演習をしているときです。

 

中に、次のような問題がありました。

We can get (     ) on the Internet.―― ネットで「文房具」を買うことができる

 

文房具「stationery」は集合名詞としてこのままで入れればいいのです。ただし、ハサミ・ペンなど『いろいろな文房具』という意味で「stationeries」という表現もなくはない、と以前読んだことがあります。ただ、辞書には載っていません(すくなくとも私が使っている辞書には)

 

件の彼の答えが「stationeries」でした。聞いてみると、「だって、僕…」の先ほどの発言です。聞いてみると、結構この「stationeries」という言葉がネット上にあるそうです。

 

彼が文房具好きってことは知っていましたので、ちょっと聞いてみると、

 マルチ・ボールペンは、ドイツのS社のものに、M鉛筆の替え芯を入れて使っている

とのこと。

私も同じようにして使っていました。それも0.5mmの替え芯ではなく、0.7mmのものというところまで同じでした。

 

文房具好きの「魂」に火が付いた私は、つい最近手に入れたシャープペンシルのことを話しました。そのペンは前から欲しかったのですが、精巧なつくりで生産が追い付かずブレミアムがついているようなものです。たまたま娘がある文房具店で見つけ、つい最近プレゼントしてくれたところでした。

 「ドウダ!」

 

すると彼は、(当然のごとく)

 「これのこと? 持ってるよ」

 

文房具好きはオソロシイ

 

 

村上先生より

春の長雨

談話室の隅にひっそりと据えられた観葉植物。

その大きな葉はいつのまにかうっすらとほこりをかぶっていて……

 

もっと気づいてあげられることがあったんじゃないか。

もっとしてあげられることがあったんじゃないか。

 

思わずこちらの頬もゆるんでしまうそんな笑顔もあれば、

「お世話になりました」そう言ってほほ笑んだその笑顔に思わずこちらがくちびるを噛むそんな笑顔もあり……

 

もっとしてあげられることがあったんじゃないか。

もっと気づいてあげられることがあったんじゃないか。

 

観葉植物のほこりをそっと払い、

みんなが勉強する教室で、

英語の教材プリントをつくりはじめました。

進学するあなたへ

本日、公立高校入試の合格発表を迎えました。

 

多くの中学生にとって入学試験は、

『否定されるかもしれない』という恐怖に耐え、持てる力を出す

という、初めての経験だったかもしれません。

 

それぞれ進学先が決まったみなさん。おめでとうございます。

 

ここで一つ重要なことがあります。高校入試は、人生の通過点の1つにすぎないということです。

一歩おとなに近づいたあなたは、これから、どういう人になりたいのか、どう生きたいのかを自ら考え、チャレンジすることで評価されるようになるのです。

 

入試は、あくまであなたの成長の1つの通過点なのです。

通過点である以上、この先が重要なのです。

 

新しい生活が始まります。

夢の翼を大きくひろげ、飛躍してください。

 

チャレンジするあなたを、わたしたちは応援しています。

 

高木ゼミ

スタッフ一同

花粉症

毎年この時期、「くしゃみ」や「鼻水」の辛い症状に悩まされています。

 

今年は、昨年ほどひどくないかなと感じましたが、早めに病院に行って薬をもらってきました。

 

抗アレルギー薬と点鼻薬の2種類です。前者は夜に1錠、後者は1日に数回の使用となっています。

 

薬をもらった先週の時点ではひどくなかったのですが、2日前のお休みの日に外出したら猛烈なくしゃみに襲われ、困ってしまいました。

 

帰宅してすぐに点鼻薬を使い、何とか症状は治まりましたが、今日、再度病院に行き、事情を説明して抗アレルギー薬を変えてもらうようお願いしました。

 

風邪の症状ではないものの、頻繁にくしゃみ・鼻水の症状が出てしまうと、授業を受けている皆さんに迷惑がかかりますので……。

 

花粉症  

 

田端先生より

自分の考えを表現する!

愛知県内の小6児童数は昨年に比べ若干減少したにも関わらず、中学受験者ののべ人数は、逆に増加しました。

大学入試改革の具体的な内容が発表された影響か、大学進学実績の高い学校の受験者が特に増加となりました。

 

今春の中学入試で特徴的だった、愛知淑徳中学校の社会の問題をご紹介します。

 

(下線部⑬に関連して、)あなたの考える新しい元号を漢字二字で記しなさい。また、その元号に込められたあなたの想いを、現在の社会状況を具体的に示した上で、70字~80字で書きなさい。

 

さて、皆さまはどのように考えられますか?

日頃から、社会情勢に関心を傾け、自分なりに考え、表現することの大切さ、与えられたものだけを覚える勉強ではなく、「プロセス」や「理由」を大切にし自分の言葉で表現する学習習慣を身につけてほしいと強く思わされました。

 

 

尾之内先生より

答えのない問いに

公立高校入試〔A日程〕の学力試験が終わりました。
受験生の皆さん、明日の面接に備えて、しっかりと休息をとって下さい。

さて、今年度の入試問題を解いて。
ぐるぐるぐるぐる…………
頭をたくさん回しました。
まるで、言葉や数字の迷路に迷い込んだよう。
「もっと、頭を使って考えろ。手を動かせ。」
そう言われていたようにも感じます。
公立入試の問題は、『考える』問題に確実・着実に変わってきています。

それだけではありません。
英語の筆記問題1は、昨年と同じ意見作文。
このような問題に、答えはありません。
というより、無数に存在します。
入試問題ですから、正答例はあります。が、あくまで「例」です。

『考えた』先に、必ず1つの答えがあるわけではない。
正解が、1つではないのだから。
知識をベースに思考を繰り返し、限りなく正解に近い形で表現をする力。
それを求められているのでしょう。
しかし、それは半端な訓練で獲得できるものではありません。

高木ゼミの中学部は、今年度、大きく変わります。
軸となる英語と数学は、教務スタッフが丹精込めて作り上げた『オリジナル教材』を使用していきます。
大本となる知識の獲得から出発し、自ら頭と手を動かすことで思考する訓練をし、表現を確実に身に付けさせる。しかも、ムリ・ムラ・ムダのない形でそれを実現する。
そんな理想の教材を開発するとともに、我々教務スタッフも1つ高い次元へ歩みを進められるよう、日々励んでいます。


高木ゼミ
教務スタッフ一同

思案のしどころ……

本日9日、愛知県の公立高校「Bグループ」の入試が終了しました。
あとは「Aグループ」の入試を残すのみです。
――他府県の人からは奇異に感じられるかもしれません。A・Bの日程があれば、Bのほうが後ですね、普通。まあ高校を2つのグループに分けて受験日を設定しているだけで、前後は関係なので、「花組」と「星組」でもいい訳なんですが……。

閑話休題。

来週行われる高木ゼミの一斉授業コースでは、明日の土曜日に「Aグループ」に向けた対策授業を行います。今はそのための準備をしています。
まずは「Bグループ」の入試問題を解くところからです。
「思考力」「判断力」「表現力」重視を謳う入試問題です。受験生は『難しい』と感じたのではないでしょうか。
例えば、資料から分析し判断する力が問われる地理。自分の出した答えに『確信』が持てなかった受験生も多かったと思います。「無理やりにでも、自分の結論に理由をつけろ!」って普段から子どもたちに話しているのですが…果たしてどうだったでしょうか?

Bの入試を終えて明日の土曜にやってくる受験生たちに、なんと声を掛けたらいいのか…そして、残された入試に向け最終確認にどんな勉強を準備すると受験生が安心できるのか……

思案のしどころです。


村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード