FC2ブログ

高校入試本番!

愛知県内の高校入試が始まりました。

本日は、私立高校の「推薦入試」が行われました。受験生のみなさん、手ごたえはいかがだったでしょうか?

喜びの結果を待っています!

 

一週間後の「一般入試」を受ける皆さん。残り時間を有効に、最後まで受験勉強の計画をたてて学習を進めましょうね。受験前にお渡しした檄文『健闘を祈る』の通り、

  短期間だからこそ、計画がモノをいう!

  一週間みっちり勉強すれば、その中から必ず出題される!!

Your efforts will not betray you. (努力はあなたを裏切らない)

 

 

村上先生より

今も忘れられない「ことば」

私立中学の入学試験 第3週が終わりました。
先週土曜日は名古屋中入試応援のため、7時過ぎには学校に着きました。 
入試応援へ行くたびに、8年前のある「ことば」を思い出します。

2011年2月5日土曜(東海中学校入学試験日)

東海中学の正門前で、
『この日を待っていました。やっとこの場所に来ました。行ってきます。』
保護者様からこの言葉を聞いた時には、涙が出そうになりました。

中学受験は小学6年生しか受験することができません。生涯に1度しかないチャンスが、正に今日という日だったのです。

只々、受験生のことを祈ってあげることしかできません。
終盤を迎えた中学受験!
受験生よ、あと6日間、健康に気をつけて元気で頑張るぞ!!

190128.jpg<試験会場に集う受験生保護者>

 

尾之内先生より


冬将軍、家来を連れて

今シーズン最強の冬将軍が、屈強な家来を引き連れてやって来ています。

明日・明後日は、特に冷え込むようです。

皆さんの若い力で教室を温めて、冬将軍どもをやってつけてくれることを期待しています。

先生たちも、熱い授業で家来ぐらいは倒せるように頑張るッス。

 

さて、来週には私立高校の推薦入試が行われます。

高校入試もいよいよ本番。

その前に体調を崩してはいけません。

 

  屋外と屋内の寒暖差にやられないように、温度調節ができる服装を

  マスクの着用とこまめな手洗い・うがい・除菌スプレーを

  早寝早起きをして、規則正しい生活リズムを

  …… などなど

 

神経過敏になってはいけませんが、セルフケアもぬかりなく。

皆さんが『元気・全開・全力』で入試に挑めるよう、先生たちも応援していきます。

一緒に頑張りましょう!

 

 

外山先生より

勉強とは?

先日生徒にこのような質問をしました。

「去年、日本で一番売れた飲み物はなんでしょう?」

この質問をすると生徒からは「お茶!」「コーラ?」など様々な意見が出ました。

 

 

その正解は…、なんと「水」だそうです。

今まではコーヒーが何年もの間トップを守り続けていましたが、2018年の販売数量で水がコーヒーを上回ったのだそうです。

その要因は、健康志向や災害への備えとして水の需要が高まっていることでした。

 

 

普段あまり水を買わない私は、ニュースを見て「意外だなあ」と感じて、生徒にも質問してみたのでした。

同じニュースを見たという生徒も何人かいました。

 

 

ニュースや広告など私たちの周りには様々な情報があふれています。

何も教科書に載っていることだけが、勉強ではありません。

 

今は必要ないことでも、いつか役に立つ日が来るかもしれませんよ。

身の回りにあるさまざまなことがらに興味を持ち、手に取ったり、読んだり、調べたりしてみることから始めましょう。

 

 

さて、常滑本郷校の書棚に、新しく『漫画 君たちはどう生きるか』が入りました。80年も前に書かれた本ですが、今でもとても新鮮です。

視野を広く持って、様々な知識・考え方を取り入れ、判断し、活用できるようになりましょう。

 

 

沖津先生より

中3学年末テスト終了 そして入試対策へ

早いもので、本日で中3生は中学校最後の定期テストが終わりました。

 

高木ゼミの個別指導Win各校舎では、本日から『私立高校入試対策』を行っていきます。

 

私立高校入試が終われば、『公立高校入試対策』に入ります。

 

生徒は、現在「高校入試テストゼミ」や「高校入試直前特訓」という講座を受講していて、高校入試に打ち勝つために必死になって努力しています。

 

授業で教えてもらったことを当日になって忘れることのないよう、「できる」ようになるまで練習を繰り返していきましょう。

 

これから見たこともない問題、高いレベルの問題に出くわすことがあると思いますが、高木ゼミの個別指導Winでは、あなたに合った指導を徹底していきます。最後まで一緒に頑張っていきましょう!

 

田端先生より

いよいよセンター試験

高3生の皆さん、明日からいよいよ「大学入学センター試験」。

ノートを、参考書を、問題集を、手にとってください。

マーカーや書き込みでいっぱいのはずです。「努力してきた」んです。

大丈夫、あなたの努力を発揮するだけです。

今日は早めに就寝しましょう。明日、明後日は、体力勝負です。

みなさんの健闘を祈っています。

 

 

《高2生、高1生の皆さんは、明後日20日高木ゼミ新知校に集合!

   高1生 「新テストチャレンジ」9時開始

 高1生の皆さんが受験する大学入試は新方式、ですから「過去問がありません」。代ゼミの新テストチャレンジで求められる新たな力を確認しておきましょう。

   高2生 「センターチャレンジ」12時50分開始

 高2生の皆さんが受験するのは、改革前最後の「センター試験」。競争が激化することが想定されます。「今足りていない箇所」を明確にし、志望校合格に向けた学習計画をしっかり立てるために、明日から実施されるセンター試験を受験しておきましょう。

次はいよいよあなたたちの番です!

お前はもう…

 

「先生、違いが分かりません」と授業後に声をかけてきた生徒の質問は、次のような英文の違いでした。

  He died.

  He was dying.

  He was dead.

どのように説明しよう…。

 

dieは動詞なので「生」から「死」への変化ってこと。だからHe died.ってのは、「(過去のいつかの時点で)死んだ」ってことだし、He was dying.は進行形だから「彼は死に向かっていた、つまり死にかけていた」ってこと。

それに対して、deadは形容詞だから「死んでいる状態」ということだと思うよ。「かれは死んでいた」という意味。

 

そんな説明をしました。このdiedeadについては、私自身も中学の時に??と思った記憶があります。それは

  He has been dead for three years. 

という英文です。生き返るわけないのに「ずっと死んだ状態」ってのは変ではないですかといいう屁理屈なんですが……。

もしかしたら死生観の違いが根底にあるのかもしれませんが、果たしてどうなんでしょう。

 

 

一通り説明を終えて、

  You are already dead!

と黒板に書いて、「これ、分かる? 『北斗の拳』の決め台詞」

と話したら、生徒からあきれた顔をされてしまいました。

 

 

村上先生より

意志あるところに、道は開ける!

以前解いたことがあるのに、解ききれず悔しがる生徒

解けない過去問をたくさん持って質問にくる生徒

不安に耐えながら、計画に沿って黙々と取り組む生徒

かばんに下がるお守りの数が、また増えた生徒

 

先週土曜日から本格的に私立中学入試がスタートしました。

それぞれに緊張感が高まっています。

「緊張」は未来へ向けての『心身の急速な準備』です。

けっして悪いことではありません。

 

体調を整えて、己を信じ、【絶対合格できるという強い気持ち】を持って

第1志望校に合格しようぜ!!

 

 

尾之内先生より

漢字検定

今年度、最後の漢字検定を実施しました。
今回もたくさんの方にご受検頂き、ありがとうございました。
結果が戻ってくるまで、しばらくお待ちください。

パソコンやスマホの普及により、現代人の漢字能力は低下したと言われています。
まさしく私もその一人。
パソコン・スマホを使い始めてから、知っているはずの漢字を思い出せないことがしばしば。
マズイなぁ……と思いつつ、この原稿もパソコンで打っています。

今年度、漢字検定の実施担当をさせて頂き、多くの方が漢字検定にチャレンジする姿を拝見しました。
今一度、漢字を勉強し直す勇気をもらった気がします。
ありがとうございました。

来年度も、高木ゼミでは漢字検定の準会場として、年に3回の受検をご用意して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様にいただいた勇気をもって、私もチャレンジしてみたいと思っています。


漢字検定担当
外山先生より

次への準備

年が明けて早くも10日が過ぎました。

約3ヶ月後には、新しい学校・学年での生活が待っています。

 

皆さん3ヶ月後への準備は万全でしょうか?

苦手な教科・単元をそのままにしていませんか?

やらなければいけないことは今のうちに片づけてしまいましょう。

 

 

先日、常滑本郷校の中学2年生に、こんな表を配りました。

 

190111.jpg

 

配ったときには「くだらない(笑)」と言われてしまいましたが、

元素記号を覚えようとこの表を使いながら一生懸命努力してくれています。

次の授業では「もう全部覚えたョ‼」と言ってくれる生徒もいました。

 

 

今自分がやるべきことは何か?

それを考えながら残りの3ヶ月を過ごしてみましょう。

何からやれば良いか分からなければいつでも相談に来てくださいね。

 

 

「あの時やっておけば……」

後悔することがないよう、今日から始めていきましょう。

 

 

 

沖津先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード