FC2ブログ

「第1回 英語検定」締め切り迫る!&「全国統一小学生テスト」受付開始!

 

高木ゼミでは

6月1日(土)に
英語検定」を実施します


2021年の大学入学試験から、

「読む」「聞く」「話す」「書く」を合わせた4技能を評価するために、
英語外部検定試験に合格しておくことが必要になりそうです。

すでに一般入試に外部検定試験を導入する大学が増え続けています

  利用大学数は 5年連続増で187大学。
  利用大学率は 24.3%まで拡大。

数ある外部検定試験の中でも、

   採用率は「英検」が92.3%と圧倒的に高く、

大学一般入試で求められる英語レベルは、

   英検2級相当です。

中学のうちに3級

高校1年で準2級
を目指してがんばりましょう。
高木ゼミでの受験申し込み締め切りはGW明けの5月7日(火)です。

  当塾で受験していただくことができるのは、塾生とそのご家族の方に限らせていただいております。

  ★★詳細はこちらをご覧ください→ http://takagizemi.com/kentei


さらに、

本日4月26日より
全国統一小学生テスト(6月2日(日)実施)の
申込受付が開始されました。

高木ゼミ(中学受験の「駿英会」)
で実施するのはこれで24回目、
毎回多くの小学生がチャレンジしてくれています。
テスト時間に合せて『保護者セミナー』も開催
テストもセミナーも

参加費無料

高木ゼミ知多本校にて実施いたします。

  高木ゼミ塾生以外の方の受験、大歓迎です。ぜひ、ご検討ください。

  ★★参加申し込みはこちらから→ PCの方 / スマホの方


新しい『顔』

小6や中3の社会の授業中に、お札の新しい『顔』の話になります。
「北里柴三郎」、「津田梅子」
まあ、この2人は教科書にも載ってるだろうし、子どもたちからはいろいろ話がでてくるだろうなと、思いながら授業に臨みました。
破傷風の人だっけ ( それは志賀潔!北里はペスト菌か赤痢菌だろ!ちなみに、この2人、間違えやすいですよね)
(津田梅子は)6歳でアメリカに留学したんだよね
福沢もそうだけど、(2人とも)大学をつくった人だよね


「渋沢栄一」
果たして子どもたちは知ってるんだろうか?
彼らのもっている教科書には載ってないような気がする……まあ、中日に入団した根尾選手の愛読書である『論語と算盤』を書いた人って話をすればいいかなって思いながら授業に臨みました。

「一万円札のお札のデザインは『渋沢栄一』って人です。教科書には載ってないと思うけれど…」と話し始めると「先生、教科書に載ってるよ」との反応。

ホント? 渋沢がいったいどんな文脈で出てきたんだろう。思いだせないゾ……ということで「後で調べておく」という得意技を出してそのお話は終了しました。

授業が終わって、改めて調べてみると…載っています! 欄外に人物紹介の形で。
イイワケになってしまいますが、渋沢がでてくる文脈が思い出せないと感じたのも無理はありません。本文には出てこなかったのですから…

子どもたちは、新紙幣の肖像が発表されたとき、教科書を調べたはずです。「渋沢ってだれだろう」と。そうでなければ、教科書に載っていると断言できるわけありません。

教科書を中心に勉強を組み立てる
本当に大切ですね。


村上先生より

全国統一小学生テスト 受付開始間近!

毎回たくさんの方に受験して頂いている『全国統一小学生テスト』
6月2日(日)実施分で24回目を数えます。
今回は、4月26日(金)から受付を始めます。

高木ゼミではこの全国統一小学生テストと同時に
『保護者セミナー』を実施します。

今回のテーマは
【 加速する教育改革&できる子のノート 】
【 中学入試から読みとる大学入試 】です。

大学入試改革、傾向が変化・進化している中学入試
特徴ある入試問題や、できる子のノートの使い方の例を示しながら
具体的な勉強法をお話し致します。

ご興味のある方は是非、ご参加下さい。

190422.jpg


尾之内先生より

楽しみ方は、ひとそれぞれ

妻が「御朱印ガール」になりました。
以前から御朱印帳は持っていましたが、いよいよ本格的にハマってきたようです。
休日には、ドライブも兼ねて各地の神社仏閣へお参りしに出かけます。

拝殿・ご本尊にお参りをし、妻が御朱印を頂いている間、私も別の角度から寺社参りを楽しんでいます。
お寺であれば宗派を調べたり仏像などを拝観したり ……
神社であれば、境内をゆったり散歩しながら由緒を調べたり ……
美しい建築様式を楽しんだりもしています。

楽しみ方は、ひとそれぞれ。
のんびりとしたお休みを過ごしています。

しかし、各地で生徒さんの学力向上や合格をお願いしているのですが、神様仏様はケンカをしたりしないのでしょうか。
まぁ、そこらへんは上手くやってくれるでしょう。
神様仏様なのですから。


外山先生より

宇宙の話

先日、「ブラックホールの撮影に成功」というニュースが世界中を駆けまわりました。
地球から5500万光年(想像もつかない距離ですね…)も離れたところにあるブラックホールを、こんなに鮮明に撮影することができたのは驚きです。

190416.jpg

撮影自体もすごいことですが、さらに驚きだったのは、今回の撮影成功によりブラックホールの特性がアインシュタインの理論から予想されるものと同じかどうか確認できる、ということです。
アインシュタインの一般相対性理論が発表されたのが1915年なので、約100年越しに確認されると思うとロマンを感じます。

しかも、その結果はというと、アインシュタインの理論とほぼ一致したそうです!
100年前に予想し、的中させてしまったアインシュタインには驚きですね。

さらにニュースの中では
「私たちはずっと、ブラックホールを見ることは不可能だと考えていました。今回そんな思い込みを覆してくれたのです」
と、ある研究者が語っていました。

宇宙の話となると大きな話に感じてしまいますが、
私たちの生活も同じではないかなと思います。
不可能と思っていることが、実は思い込みということがあるのかもしれませんね。


沖津先生より

Winの名物講座『テスト特訓』スタート!

おおぜいの新入生を迎え慌ただしかった3月が過ぎ、Winの各校舎では、生徒たちであふれ返っているものの、少しずつ落ち着きを取り戻してきました。

本日からは、来月の中間テストに向けてWinの名物講座『テスト特訓』がスタートします。


また、にぎやかで慌ただしい日々が続くことになりそうです。


毎年、この講座を受けて躍進した塾生ばかりですので、抜かりない準備をして、満足のいくテスト特訓となるよう指導員とともに全力で向き合っていきます。


どうかご期待ください!



田端先生より

テスト特訓開始

 

4月15日(月)から、

高木ゼミ 進学個別Win各校舎 で

「定期テスト特訓」が始まります。

 

ゴールデンウイークを除くと、

テストまで3週間ほどしかありません。

 

 

直前で慌てることがないように、

今から準備を始めましょう

「思い出し」「再確認」する

高木ゼミの小学・中学一斉授業のコースでは、『月例テスト』を実施しています。それまで一カ月間勉強してきたことを振り返って再確認する機会です。
事前に出題範囲を明らかにして課題も出し、準備をすることで「思い出し」「再確認」します。
テストですから当たり前と言えば当たり前なんですが、採点されて得点が付きますので、子どもたちも「高得点がとれた、とれなかった」ということだけに意識が向かいがちになります。ただ、月例テストの実施目的は、「思い出し」たり「再確認」することで自分の知識や技能を確実なものにすることです――結果として高得点が取れれば言うことないですが…

あと一週間で月例テストです。丁寧に準備するよう指導していきたいと思っています。


村上先生より

中学受験に向けて スタート!

14日の日曜日には、
名古屋市内で四谷大塚主催の第1回『合不合判定テスト』が実施されます
駿英会の6年生も受験予定で、本日受験票・要項を配布しました。

彼らにとって今年度初の公開会場での模擬試験で、受け止め方もさまざま
周りの受験生たちから、たくさんの刺激を受けてきてほしいです。

各私立中学では、オープンスクール・学校見学会がはじまります。
多感な6年間を過ごす学校です。悔いのない選択をしてほしいと思います。

まずは、この試験を通して受験生としての自覚を持ってくれることを願っています。


尾之内先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード