FC2ブログ

Impossible is Nothing

 

英語の授業中のことです。

ある男の子が、両腕を着ているTシャツの中にひっこめているではありませんか。

「エアコンが効きすぎて寒いのかな?

とおもったとたん、着ているTシャツの前後を反対に着直しています。

「前後を間違えて着ていたのかな?」

 

すると、その男の子は自分のTシャツにプリントしてある文字を指さして「ココ、ココ」って合図します。見てみると、

    nothing

授業中にちょうど取り上げた単語でした。

この単語、部活でそろえたこのTシャツにプリントしてあるって言いたかったのでしょう

 

そのTシャツには

    Impossible is nothing.

と記されていました。モハメド・アリの言葉です。

黒板に大きく書いて、モハメド・アリの言葉ねって話をしたのですが、子どもたちの反応は「誰、それ?」って感じでした。

当たり前ですネ。「キンシャサの奇跡」や「アトランタ・オリンピックの開会式」も知らなければ、ウィル・スミスの映画「アリ」が公開されたときにも生まれていないわけで・・・。

 

気を取り直して、子どもたちに英文の意味をたずねてみたところ、

   「不可能なことは何もない(どんなことでもできるはずだ)

という意味と声をそろえて答えてくれます。

 

前後関係はよく覚えていませんが、Impossible is・・・で始まるいくつかの文の最後にあらわれるこの文は、おそらく

  自分で挑戦もせずに初めから“impossible”って決めつけるのは意味がない

という意味だと思うよ、と。

 

2学期が始まりました。いろんな場面でimpossibleって思える場面がでてくることがあるかもしれません。

Impossibleと感じても、Im possible (I’m possible) と思い直せるようにしたいですね。

 



村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード