FC2ブログ

予防が大切‼

ニュース番組では、新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。
愛知県でも感染者が出ているようなので、他人事ではなくなってきました(^^;)

新型コロナウイルスの感染を防ぐために大事なことは、
手洗いを徹底的に行うことだそうです。
手首や指の間までしっかりと洗うことがポイントです‼

くしゃみや咳をする時には、肘の内側で抑えると良いみたいです。
手でおさえてしまうと、その手で触った周囲のものにウイルスが付き、そこから他の人に病気がうつる可能性が高くなるそうです。
この情報は先生自身も初めて知りました。ぜひ試してみてください!

インフルエンザもまだまだ流行しているようです。
手洗い・うがいを徹底的に行い、校舎に入る時はアルコール消毒を必ずしてください。
全員が元気に春を迎えられるように、しっかりと予防をしていきましょう‼


沖津先生より

私立高校 推薦入試

今日は、私立高校の推薦入試が行われました。

受験した皆さん、今日はゆっくりと頭と体を休めて下さい。

でも「自己採点」と「解き直し」は、なるべく早めにして下さいね。
決して、今日がゴールなのではありません。
新しい学びが、すぐまた始まります。
今、そのための準備をしておくことが何よりも大切。

今日解けなかった悔しい一問、
それが次なる成長の鍵となります。

次への「準備」をしつつ、吉報を待ちましょう。
私たちも、同じ気持ちでいますから。


外山先生より

最後の1週間!

私立中学の入学試験も2週目が終わりました。一昨日は入試応援で名古屋中学校に出向きました。

行く途中の電車内では、まとめノートや社会の地図帳を見ている受験生と遭遇。
高木ゼミの塾生は先週の受験経験があるので、表情が非常に和らいで落ち着いているように感じられました。

最後の1週間を迎えた中学受験!
受験生よ、あと6日間、健康に気をつけて元気で頑張るぞ!!

200125ブログ写真
<試験会場に集う受験生保護者の様子>

尾之内先生より

最後のセンター試験②

大学入試の改革は、昭和54年(1979)の「共通一次試験」から始まり、平成2年(1990)に「大学入試センター試験」へ変更になり、40年以上経過した来春には『大学入学共通テスト』へと姿を変えていきます。
マスコミでは、民間英語試験・記述問題の導入見送りが大きく取り上げられましたが、
・問題解決のプロセスを自ら選択しながら解答する部分が含まれるようにする
・複数のテキストや資料を提示し、必要な情報を組み合わせ思考・判断させる
・分野の異なる複数の文章の深い内容を比較検討させる
など、さまざまな部分で変更が予定され、その一部は今回のセンター試験でも見え隠れしました。

様変わりの大きさは、2度実施された試行テストでも明らかです。

高2、高1生のみなさん!
新入試でこれまで以上に大切なことは、【ゆるぎない基礎力】です。
定期テストの得点・順位を目標にする勉強から、問題を整理分析し解決する力を身に付けることを目標に貴重な高校生活を過ごしていきましょう。

最後のセンター試験①

18、19日、最後のセンター試験が実施されました。
受験した生徒たちは、それぞれ自己採点を終え出願準備に取り掛かっています。

受験した皆さん、2月25日の二次試験まで、孤独や焦りを感じる苦しい日もあるかもしれません。そんな時には立ち止まって辺りを注意深く見つめてください。あなたと同じように孤独と闘っている仲間、あなたを見守り支えてくれる家族がそこにはいます。目標に向けて、あなたの持っている時間を精一杯使ってください。
私たちスタッフ一同も、あなたのことを精一杯応援しています。

あと一問、もう一点

中学3年生の学年末テストが終了しました。
これからは、高校入試にむけての最後の頑張りです。
今月末には私立高校推薦入試を皮切りとして、2月初旬に私立一般入試、そして公立高校入試が3月初旬に控えています。
今まで勉強してきたことを確認・点検する時期です。

高木ゼミでは先週土曜日『高校入試 テストゼミ』がスタートしました。入試本番に見立てた5科目のテストと解説授業で、入試に向けた最終確認を行うのがこの講座。
「あと一問、もう一問」が合言葉です。

毎回の得点は気になるところです。
しかし、取ってしまった点よりも大切なこと、
それは ―― 解き直し、教科書などを使った確認 ―― です。
間違えた箇所、忘れかけていた内容をまずは認識すること、そして振り返ることで『あと一問、もう一問』確実にしていきたいですね。

VW(ビジョン&ワークハード)!
…目的を明確にして直しを見ましょうネ

村上先生より

200120ブログ用
昨年のテストゼミの『直しノート』

緊張感高まる!

以前間違えた問題を、解ききれず悔しがる生徒
理解できていない過去問をたくさん持って質問にくる生徒
計画に沿って、タイマー片手に黙々と取り組む生徒
入試を楽しみと言って、わくわくしている生徒
かばんに下がるお守りの数が、増えていく生徒

いよいよ明日から本格的に私立中学入試がスタートします。
それぞれに緊張感が高まっています。
体調を整えて、己を信じ、【絶対合格できるという強い気持ち】を持って
第1志望校に合格しようぜ!!


尾之内先生より

なんて訳そう

 『Anything is possible.』

ある洋画のCMで耳にしました。
元々は舞台作品なのかな?『猫』がモチーフのアレです。
とにかく、超がつくほど有名なタイトル。
(とは言うものの、私は見たことがありません……)

—— Anything is possible.
しかし、何て訳せばいいのでしょう。
(流し見をしていたので、正式な訳語は見落としてしまいました)
 すべてのことは、可能である。
 すべてはキミ次第。
  …… いろいろな言葉が頭に浮んでは消えていきました。
 『不可能なんてない。』
  自分なりにはこれが一番しっくりきているかな。

劇中のセリフですから、正解はあるのでしょう。
でも、調べなくてもいいかな、と思っています。

理由は分からないけれど、私はこの言葉に心動かされました。
言葉には、人の心を動かす不思議な力があります。
2020年、授業という言葉を通して、子どもたちの心を何か一つでも動かしたい。
 Anything is possible.


外山先生より

今年の抱負

あなたの2020年の抱負は何ですか?
わたしは「笑顔溢れる年にする」です!

2019年は皆さんのおかげで楽しい年になりました。
本当によく笑った年だったと思います。
2020年はそれ以上に楽しく笑顔の溢れる年にしたいです。
遅くなりましたが、ことしも宜しくお願いします(^^)

さて、学年末テストがすぐそこに迫ってきていますね。
良いスタートを切るためにはここでの結果が重要です。
笑顔で春を迎えられるように、しっかりと準備をしましょう!


2020年も笑顔で頑張っていきます!
あなたの今年の夢を聞かせてくださいね!


沖津先生より

3学期授業開始

高木ゼミでは、本日から3学期の授業がスタートします!

 

中3生は、学年末テストを皮切りに私立推薦入試、私立一般入試、公立入試が行われます。

中1・2生は、学年末テストのおよそ1か月前に当たります。

 

3学期は短いですが、テストや入試が控えています。

焦らず、今できることから確実にやり切っていきましょう!

 

田端先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード