FC2ブログ

灰色の男はどこにいる?

先日、高校3年の受験生からこんな質問を受けました。

 

「時間がないんです!どうしたらいいでしょう?」

 

 

―ほほぉ、よく気づいたね。「灰色の男」からとり返しますか?

「は?何のことですか???」

―え?『モモ』のことでしょ?ミヒャエル・エンデの『モモ』

「なんですか、それ?」

―文学です。

「もう、冗談やめてくださいよ。小説なんて読んでる暇ありませんよ」

―じゃあ、読む「時間」をつくりだしなさいよ。

「どうやってですか?」

―ジャン!

 

180907_02.png  

 

「円グラフですか?」

―学校以外で自分が使える時間を6時間として、グルリ360度が6時間。いつもどうやって過ごしているんですか?

「ええと……(書き書き)」

―英語!数IA!生基!化基!古文!しか書いてないですけど……?

「え?内容ですか?」

―もちろん!

「英語は代ゼミの講座のテキストを解き直してて、数学は学校の問題集に加えて、チャートをやりはじめて……生物と化学も学校の問題集を解き直して、古文は単語と……ああ!英単語も!」

―6時間で!???

「だからぁ、『時間がない』って言ったじゃないですか!!」

―だからぁ、とりかえしなさいって!

「どこから?」

―どうして「どこ」?

「なんとなく……」

―「灰色の男」からです!

「だれですか、それ!?」

―あなたの頭の中にいるでしょ?

「はぁ??????」

 

―何を勉強すべきかもっと明確に決めることができますか?

いい? あなたの頭の中は今、グレーなんです、きっと。灰色。

「??」

―センター試験、受験するよね?

「はい…」

―過去問解いた?

「まだ……です」

―解きなさい。

できないところがあって当然だから。でも、ほら、こうやって出題単元や学習のポイントがちゃんと説明されてるでしょ!

 

180907_01.jpg  

 

できなかったところを、代ゼミのテキストとかチャートとかを使って補強するの。

漠然と「『数学IA』の勉強しまぁ~す」じゃなくて、「『2次関数の変域』問題が弱いから、そこを集中的に補う3日間!」みたいに、もっと具体的に、明確に!

 

そうそう、2次試験の過去問も解いてみなさいよ。解けない問題がいっぱいあってもいいから。2次試験の問題だって、赤本にはちゃんと出題内容や傾向が解説されているんだから。

 

センターまで残り19週、2次試験まではあと24週あります!

「今」の自分に足りないところ、

「今」の自分に足りないところ、って過去問解きながら勉強していけば大丈夫です!

 

―それから、追加事項! 1週間は5日で考えなさい。

「時間なくなっちゃうじゃないですか?」

―5日間、過去問解く+できていない単元に戻って基礎を復習。2日間は計画通り進まなかったところを調整したり、5日間で解いた問題の解き直しをする。

解きっぱなし、勉強しっぱなしはだめです。そもそも計画立てたってその通り進むことのほうが稀なんだから。調整は必要必要。

 

―まず、センターの過去問を何年のものでもいいから解いて、持っていらっしゃい!補強が必要な単元をリストアップして、タイムスケジュール作りを手伝ってあげます!

― 「灰色の男」から時間をとりかえすぞ!

 

「だから、だれですか、それ?」

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード