FC2ブログ

落語って何?

中2の英語に「Rakugo in English(英語落語)」を題材としたものがあります。積極的に海外公演も開かれている落語家の桂かい枝さんのことや、「饅頭怖い」の英語版が載っています

――関係ない話ですが、教科書の英語落語のさげ、「milkが怖い」ってのは果たしてどうでしょうか、私ならば「strong teaが怖い」としますが――閑話休題

 

聞くところによると最近は落語ブーム(?)だそうで、テレビなどで取り上げられる機会も増えているようです。若手落語家を主人公としたドラマや、若手俳優をMCとした落語のトーク番組をやったりしています。

また、最近は中学校の学校祭で落語を聞く機会があったり、修学旅行で寄席に立ち寄ったりするということもあると聞いています。

 

ですから、全員知っていると思ったのです、落語のことを。

 

それが…「先生、落語って何?」

教科書を見せながら簡単に説明したところ、

「ああ、『紙』でそばを喰うやつだ。」――『紙』って、扇子だろ!

 

それよりも、子どもたちにとって「落語のイメージ」とは、『仕草』のことなんだ、とチョットした違和感を覚えたのです。

 

後で考えてみれば、説明しやすいし、分かりやすいから落語を代表するイメージとして「仕草」を使うのは当然ってことなんでしょう。

ただ、子どものころにラジオ、レコード、CDなど「音」から落語に接した者としては、『仕草』か…―――と思えてしまいます。

 

 

村上先生より


プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご来場者の方の人数

QRコード

QRコード