FC2ブログ

どうして「奈良」なの?

この地域の小学6年生は、6月か9,10月のいずれかの時期に修学旅行に出かけます。行き先は奈良と京都。

京都は、班別の行動をする小学校も多いのでしょう、「清水寺」「金閣」「銀閣」「平等院鳳凰堂」…様々な寺院を訪問するようです。
「鹿苑寺」「慈照寺」「教王護国寺」などに行くという子どもたちの声を聞いて、微笑ましく思います。「金閣」「銀閣」「東寺」でいいんですけれどネ…一生けん命「調べ学習」したんだと思います。
「キョウオウゴゴクジ」の仏像はカッコいいですね。

一方、奈良では集団行動。法隆寺まで足を延ばす学校もあるようですが、定番は東大寺、春日大社などを訪れるようです。
東大寺と言えば「柱くぐり」。頭がよくなるって聞いた記憶があるのですが…どうも違うようです。そして南大門の運慶・快慶の「金剛力士像」。「阿吽」…一体どちらが「ア」で「ウン」なのでしょうか。子どもたちも知らないようです。ということで「実際に見てきて教えてネ」とお願いしました。

金剛力士像について、質問がありました。
運慶や快慶は鎌倉時代の人なのに、どうして奈良時代のお寺にあるの?

平安時代に東大寺は燃えてしまい、立て直したときに南大門を建てそこに納められたんだヨと説明はしたのですが…
運慶や快慶は「奈良」の仏師なんですよね、「京都」ではなくて。
調べてみなければ分かりませんが、中心から離れた場所から新たな創造が生まれるということなのでしょうか?(←以前こんな文明論が流行ったような気がする)


村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード