FC2ブログ

シダ類の「ような」裸子植物

夏期講習の国語の授業中に恐竜絶滅についての文章を読んでいた時です。

その文章は次のような内容でした。
恐竜絶滅の直接の原因は、地球に巨大隕石の衝突だとしても、他に様々な遠因がある。例えば、草食恐竜のエサとなる植物の進化のスピードが恐竜の進化よりはるかに上回っていたことも恐竜の絶滅の原因と考えられる、……。

興味深く読めたのですが、読んでいる最中に「これは…どういうこと?」という文に出くわしました。

  シダ類のような裸子植物と競って大型化の道を歩んできた草食動物が…

シダ類のような裸子植物!
シダ植物は胞子で増えるのだから、種子で増える裸子植物ではないゾ、これは一体どうゆうこと? 授業中に納得できる説明は思いつきませんでした。

休憩時間に早速理科スタッフに尋ねて納得!
恐竜が生息していた中生代にはシダ植物に『見える』裸子植物――「シダ種子類」という分類らしいです――が生息していたとのこと。
「蘇鉄ってパット見、シダ植物でしょ」と。

ナルホド。シダ植物の「ヨウナ」裸子植物、の「ヨウダ」は『例示』ではなく『比喩』だったのです。何のことはない、直前の授業で助動詞「ヨウダ」の区別について説明したばかりでした。
 「エジソンのような発明家」と「氷のような眼差し」の区別はつきますか?「エジソン=発明家」に対して「氷≠眼差し」ですね。間違えやすい(←誰だよ!)から、注意しましょうね。

ホント、ソノ通リ

村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード