FC2ブログ

「番狂わせ」再び?

知多市内では9月下旬に2学期「中間」テストを迎える中学があります。2学期が始まってまだ3週間というこの時期のテストはチョット早いかなと感じます。
いずれにしても、この時期から10月中旬にかけて各中学の定期テストが続き、なかなか大変です。

テスト勉強をしている子どもたちを見ていると日頃の学習姿勢がはっきり表れます。
知識や技能が身についてきているなと思える生徒は、前回の失敗を繰り返すまいとか、明確な自分の目標を達成したいとか、「テスト前だから」頑張るっていうのではなく「テスト前も」さらにという姿勢です。
実際、テストで「ヤマが当たった」ってことはあるかもしれませんが、普段から勉強をなおざりにして『一発逆転の大勝利』ってことはあり得ないですね。

『一発逆転の大勝利』で思い出すのは、ちょうど4年前のラグビー・ワールドカップの日本対南アフリカ戦です。
ブックメーカーでも確か35:1くらいのオッズだったと思いますが…南アのオッズは「1倍」…結果は分かり切っていると。ところが、最終版に日本の大逆転、日本中(あるいは世界中)で大騒ぎになりましたね――世紀の大番狂わせ、Giant-Killing――がおきた、と。
子どもたちに尋ねてみても、五郎丸選手のかのルーティンワークを覚えていました。

ラグビーは番狂わせが起こりにくいスポーツだと聞いたことがあります。愚直にタックルをしながら陣地を奪っていくラグビーは、プレーヤーの体力を含めて地力の差がはっきりと表れるスポーツだと。ラッキーパンチは入りにくいし、たとえ入ったとしても勝敗に大きく影響を与えることはない、ということだと思います。
当時の代表メンバーには、「大番狂わせ」という評価が心外だったのかもしれません。

テストに向けて、普段の力を見せてやりましょうよ


村上先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード