FC2ブログ

「解く」から「考える」へ

2020年度中学入試ののべ受験者数は、約8%増加しました。
一部の中学で入試日程が早まり、多くの学校を受験できるようになったことが大きく影響していると考えられます。

今春の中学入試で特徴的だった『社会』の問題をご紹介します。

SDGsについて、次の文章を読み、【   】にあてはまるあなたのアイデアを答えなさい。

「ブームのタピオカドリンクの飲み比べを楽しんでもらいながら、課題となっている容器ごみのポイ捨てを解決しようと、名古屋市中区の大須商店街で8月9日、『大須タピオカサミット』が始まりました。8月25日までの期間中、タピオカドリンクを提供する商店街の16店舗が、ストローを使った投票で人気を競います。商店街ではブームが過熱した今春から、容器ごみのポイ捨てが目立つようになり、缶・ペットボトル用のごみ箱があふれたり、こぼれたタピオカが路面にくっついたりして、問題となっています。」というニュースを読みました。今回は、ストローごみを減らすアイデアですが、私の大須商店街の環境を良くするためのアイデアは、
【                                】です。

さまざまな解答が考えられます。
日頃から、社会の変化に関心を持ち、他人の意見を理解しようと努め、自分の考えをまとめ表現すること。与えられたものだけを「覚え」て「再現」する勉強だけではなく、「プロセス」や「理由」を大切にし自分の言葉で表現する「考える」学習習慣。昨今の入試問題を通して、これらを身につける必要性を、改めて強く感じます。


尾之内先生より
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード