FC2ブログ

むずかしいことを…

名詞的用法のto不定詞の授業中です

  I want to study abroad. という文で”to study abroad”は、外国で勉強することって意味だから、「外国で勉強することがほしい」って意味ですが、「することがほしい」なんてあまり言わないですね。日本語で普通に言えば、どういうことなんでしょう…

「??」って反応をする生徒がいます。

つかさず「デッド・ボディ」だよと言って、シマッタ!って思いました。
子どもの思考を邪魔するくだらないダジャレ ―― いちいち説明しなければなりません。「デッドdead」=死んでいる」「ボディbody=体」だから「死体」、「外国で勉強したい、留学したい」……生徒たちは、「またやってる」って反応です。

日本語は、母音の数が少ないので言葉遊びとして地口やダジャレが成立して発達してきたそうです。「ことば」について発信し続けた作家、井上ひさしの文章で読んだ記憶があります。井上ひさしの、特に小説などでは衒学(げんがく)趣味的な登場人物の設定が少し鼻につくこともあるのですが、私自身がその衒学趣味が気に入っているってところもあるのです。

彼のモットー『むずかしいことをやさしく,やさしいことをふかく,ふかいことをおもしろく,おもしろいことをまじめに,まじめなことをゆかいに』は塾の講師として耳の痛いところです。自分自身が衒学趣味に走らないようにと、反省の日々です。

今年は、井上ひさしが亡くなって10年です。


村上先生より
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード