FC2ブログ

胡瓜の馬、茄子の牛

コロナで塾に来られるようになったヨ

ある生徒からの連絡ですが、前後関係がなければ『何のこと?』って話です。
よくよく聞いてみると、「(コロナで)帰省予定がなくなり、塾の授業に参加できるようになった」ということでした。
この言葉足らずの言葉、「いかにも残念!」って気持ちが十分に伝わります。

その生徒に、お盆の時の話を聞いてみると、「家の前で火を焚いて『カンカン』って鳴らす」ということでした。送り火や迎え火を焚かれているってことですね。
お盆にお先祖様をお祭りすることに感心しました。

お盆のお飾りについても尋ねてみました。
曰く、「先祖様を迎えるときには『胡瓜の馬』で、送る時には『茄子の牛』」だと。理由を含めて教えてくれました。
お迎えのときは早く来てほしいので「馬」で、送りはゆっくり帰ってほしいので「牛」なんだと…

私が幼いころ教えてもらったのと同じことを話してくれました。彼もおじいちゃんやおばあちゃんから聞いたんでしょう。
今でも同じように教わるんだと思うと、ちょっと嬉しい気持ちになりました。


今年はいつもとは違う「お盆」になるのかもしれません。
ただ、長年にわたって引き継がれている様々な伝統がコロナによって途絶えることが無いように願います。


村上先生より
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード