FC2ブログ

全国統一小学生テストを振り返って

11月3日に実施した『全国統一小学生テスト』、今回で23回目を数えました。
結果を返却していく中、教科の分析で気になったことを挙げます。

<算数> 基本レベルと応用レベルの正答率の大きな乖離
教科書では立体図形について取り扱う量が少ないのが現状で、多くの生徒の中で
見慣れない問題=正答率が低い、という結果になっていました。
単位・題意の取り違え、途中の計算を答えにするなど、文章がしっかり読めていないことからくる誤りも目立ちます。
論理を組み立てる教科である算数には「文章読解力」が必要です。

<国語> 漢字や語句の問題の正答率の低さ・読解力不足
特に目立ったのが慣用句、外来語、熟語です。学習内容を定着させるために、「漢字検定」などの活用が必要だと考えます。
読解問題では、論理的に細部まで丁寧に読む力が不足していて「感覚的な思い込み」による読み方・選び方をしている生徒が多く見られました。

得点に代表されるテスト結果も大事ですが、誤答の原因を突き詰めていく態度はさらに重要です。このテスト結果を今後に活かして、大きく成長してくれることを願ってやみません。
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード