FC2ブログ

ペットボトル

  ポリエチレン(PE)  ポリプロピレン(PP

  ポリスチレン(PS)  ポリエチレンテレフタラート(PET

私たちの身の回りはたくさんの種類のプラスチックであふれています

 

中学1年の理科で、プラスチックのいろいろな種類について学習します

 

火曜日に実施した『ガリレオクラブ』では子供たちと“ペットボトル(PET)”と、その“キャップ(PP)”を使って顕微鏡を作りました。

 

151106.jpg  

 

身近にある簡単な材料で、こんなにもよく見える顕微鏡が作れるなんて驚きです。

 

だれがこんな工夫をしたのでしょう。

他にも使い方しだいで、いろいろなものが作れるかもしれません。

あなたも身近にあるもので、いろいろな工夫をしてみませんか?

 

 

響尾先生より

科学実験サークル【ガリレオクラブ】

「見えた、見えた! 先生、見えたよ!」

「私も見えた! 先生、見て!」

 

あちらこちらから、元気な声が響きます。

1時間前のお行儀のよさはどこへやら。ペットボトルのふたに空けた小さな穴をのぞきこんで、大人も子供もみな興奮ぎみです。

 

知多本校で、第37回ガリレオクラブ『顕微鏡を作ろう』を開催しました。

一人1台ずつ「レーベンフックの顕微鏡」を作り、細胞を観察しようという会です。

2ミリにも満たないビーズ玉ですが、玉ねぎの細胞が一つ一つ鮮やかに見えます。(実際に驚きの鮮明さです)

 

IMG_6745a.jpg  

 

この感動が、子供たちの未来へと続いていけばこの上ない幸せです。

 

 

スタッフ一同

天体望遠鏡を作ろう! 【第36回 ガリレオ・クラブ】

科学実験サークル「ガリレオ・クラブ」を開催しました!

36回目の今回のテーマは≪天体望遠鏡を作ろう!≫でした。

 

141004_01.jpg  

 

来週8日(水)は、日本の各地でとても長い時間『皆既月食』が見られます。

皆既月食中は月が真っ暗になって見えなくなるのではなく、赤銅色に輝く月が観察できます。

それに合わせて、月や土星を観察するのに最適な高性能の天体望遠鏡を手作りしようという企画です。

 

天体望遠鏡の性能は倍率! ではありません。あまりに高倍率の望遠鏡では、目的の星を探すことすらできないのです。

望遠鏡で最も重要なことは「視野の鮮明さ」です。レンズを通過する光は、青や紫は大きく屈折し、赤い光は少ししか屈折しません。その結果、色によってピントの合う場所がずれ、ボケてしまうので鮮明な像を結ばないのです。(これを色収差といいます。詳しく調べてくれるとウレシイです!)

 

今回作った天体望遠鏡は、アクロマートレンズという張り合わせレンズで、とてもシャープな像を結ぶものです。

完成が楽しみです。

 

141004_02.jpg  

 

まず初めに、対物レンズの焦点距離420ミリ、接眼レンズ12ミリから望遠鏡の倍率を計算します。

今回の場合は420÷12で35倍の倍率です。

 

部品の確認をして、天体望遠鏡の作成にとりかかります。

レンズの取り扱いに注意しながら、一つずつていねいに組み立てていきます。

 

141004_03.jpg  

 

最後に、三脚に取り付けて見え具合の確認です。

途中で少しだけ手伝ってもらう場面もありましたが、全員りっぱな望遠鏡を完成させました。

 

141004_04.jpg  

 

誇らしげなガリレオ達の勢ぞろいです。

 

参加して頂いたみなさん、ありがとうございました。

 

今回のガリレオ・クラブのようすは、7日(火)の午後5時から知多メディアスの「エリアニュース」でも取り上げられます。おたのしみに!

 

次回も、ぜひ参加してくださいね!

 

 

杉江先生より

リハーサル【明日はガリレオクラブ】

明日は、待ちに待ったガリレオクラブの本番です!

 

36回目となる、今回のテーマは……

『天体望遠鏡を作ろう』

 

本番2日前の昨日、先生たちは、最終のリハーサルを行いました!

私も、実際に望遠鏡を作ってみました。モノスゴク楽しかったです!!

完成した望遠鏡も、手作りとは思えないほど、遠くまでクッキリときれいに見えました。

スゴイ。感動モノです。

 

本番も『ワクワク』『オドロキ』『感動』『笑顔』…… で、教室があふれること間違いなし!

今から、明日が待ちきれません!

 

 

井元先生より


天体望遠鏡をつくろう!

第36回ガリレオ・クラブ『天体望遠鏡をつくろう!』の受付締め切りが1週間後に迫ってきました。

 

来月8日(水)は、日本各地でとても条件のよい『皆既月食』を観察することができます。

肉眼でももちろん見えますが、自分で作った天体望遠鏡で観察してみませんか?

 

今回は口径40ミリ、倍率35倍の望遠鏡を作成します。

月のクレーターなどはとても鮮明に見え、土星のリングも観察できるものです。

 140916.jpg

 

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

お待ちしています。

 

 

杉江先生より


プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード