FC2ブログ

南山中学校 女子部 2名合格!

2月1日月曜日、朗報が届きました。

30日土曜日に南山中学校女子部を受験した2名の保護者から『合格しました』という連絡です。

生徒諸君が日夜勉強を重ね、見事に勝ち取った合格です。
心からおめでとう!

入試は終わったわけではありませんが、保護者の方々には、送迎・受験生の勉強・健康面メンタル面のケア等、本当にお疲れ様でした。
受験生の為にご家族の時間を費やして下さったことには、涙を禁じ得ません。何より保護者の皆様の中学入試に対するご理解が深かったことに、心より感謝いたします。

喜びや悔しさを共有し、私たち自身も本当に成長させてもらえた1年でした。
お子さんの成長の一時期を保護者様と共に見知っている貴重な存在であれたことを、切に感謝します。
本当にありがとうございました。

210205_ブログ 
【南山中学校 女子部に合格した2名の生徒と共に】

私立高校推薦入試、合格おめでとう!

先月27日(水)、私立高校の推薦入試が行われました
先週中には、その結果を受験した生徒から教えてもらいました
全員合格です
おめでとう!

これから3年間、あなたの頑張る場所がきまりました。
チョットの間、ホッとしましょう。そしたら、次の3年間に向かってすぐ準備を開始しましょうね。


スタッフ一同

澪標

「みおつくし」と読みます。

澪標

澪に立ち並んでいる杭のことです。船が行き来するときの目印になります。
 ※ 澪(みお) … 浅い湖や遠浅の海岸の水底に、水の流れによってできる溝
和歌などでは『身を尽くし』の掛詞として使われることもしばしば。

さて、私立高校の推薦入試が終わりました。
来週には、一般入試が行われます。

「身を尽くし」て学んだ証として、
「澪標」となるような、結果が来ますように。


高木ゼミ
スタッフ一同

謎の球の正体は……

先日、生徒からこんな話をされました。
「昨日の帰りに光る球を見た!」
お化けかな?何のことでしょうか?
「最初飛行機が降ってきたかと思ったよ。流れ星にしては大きかったし……。」
「そんなこと言われたら先生も気になってきたよ。」
調べてみると、正体が分かりました。

火球

その正体は「火球」でした。
流れ星の中でも特に明るいものや、隕石も一定以上の明るさがあれば「火球」(かきゅう)と呼ばれます。

その日は関東から近畿にかけて「火球」が観測されました。
「火球」が光って見えているときに「ピコッ」という音も同時に聞こえるようですが、
なぜその音が鳴るかは解明されていないそうです。

先生も見たかった!音も聞いてみたい!
「火球」を見ることができた人はラッキーかも!?


沖津先生より

最後の2週間!

私立中学の入学試験も2週目が終わりました。


今年はコロナ禍で入試応援を控えています。

授業中、生徒たちは緊張感漂う中でも、表情は非常に和らいで落ち着いているように感じられます。

 
最後の2週間を迎えた中学受験!

受験生よ、あと14日間、健康に気をつけて元気で頑張るぞ!!

 

ご法度

英語の授業中にnameという動詞が出てきました
They name her Winter and take good care of her.
―― 水族館の人々はその傷ついたイルカをWinterと名付け、手厚い世話をします。

「名づける」 授業中でしたが名前の由来についてチット盛り上がりました。

チナミに、私の名前には「樹」がつくのですが、聞いたとことによれば、湯川秀樹のような立派な人物になってほしいという願いが込められているとのことでした。

本人としては「名前負け」って思っていましたが、それは付けてくれた親には言えないことです。様々な願いを込めて私に与えてくれたものですから
……皆さんも自分の名前の由来を聞くことがあったら、名付けてくれた人に向かって変なことをいうのは『ご法度』ですヨ、と話を切り上げるつもりだったんですが――

ゴハットって何?

我ながら、『ご法度』なんて言葉をナゼ使ったのだろうか?? って思ったのですが、「ああ、今年始まった落語のテレビ番組だ!」と気付きました。
その番組、同じ噺を「上方」と「江戸」続けて語らせる番組です。本来、落語では、同じ噺どころか、登場人物が同じとか、同じ傾向の話でも続けるのは『ご法度』なのに、あえてそれを聞かせる番組で、スリリングです。

とても面白い番組ですが、内容がトンガっているぶんあまり長くは続かないのではないかと思っています。

おっと、塾のブログにテレビ番組の感想を書き込むなんて、ご法度ですね。


村上先生より

大吉?

元日、あるお寺に初詣へ行ってきました。
人の少なそうな時間帯を見計らい、こそ~っとお参りだけしてきました。
今年は、行こうか非常に迷いましたが……
塾生の合格祈願も兼ねていますので、お許しくださいm(_ _)m

さて、お参り後、帰路の参道に『おみくじ』を発見。
これは引かねば!年に一度の運試し!
結果は……、大吉!!
ありがとうございます。

が、翌日。
駐車に失敗して車をガリガリっとやってしまいました。
ガーン。新年早々、修理で手痛い出費です。

『大吉だったからって、浮かれているなよ!』
と、天からのお叱りを受けたようです。トホホ。

気を引き締めて、一年頑張ります。


外山先生より

新発見!?

 先日、アフリカのナミビアとウガンダで「ミニキリン」が発見されたそうです。

キリンと言えば長い首に長い脚があり、高いところの葉っぱを食べているイメージがありますね。

発見された「ミニキリン」は脚がとても短く、体高も普通のキリンの半分ほどの2m~3mだったそうです。



210115キリン

(驚くべき小ささ!家でも飼えそう!?)

 

「ミニキリン」がなぜ生まれたかは現在調査中のようです。

遺伝的なものなのか、環境に起因しているのか……。

エサはどうやって食べているのだろうか……。

生物の世界にはまだまだ謎がたくさんあります。続報が楽しみですね。

 

 

沖津先生より

緊張感高まる!

9月から始まった駿英会の【過去問特訓】も先週で終わり、
今週土曜日からは本格的に私立中学入試が始まります。

入試直近のこの時期は、解けたと思った問題を確実にとりきること
<精度を高めること>を大切にしています

それぞれに緊張感が高まっています。
体調を整えて、己を信じ、【絶対合格できるという強い気持ち】を持って
第1志望校に合格しようぜ!!

かへりみれば

何年前だったか忘れてしまいましたが、ミヒャエル・エンデというドイツの作家が日本のある新聞に寄せた文章に、次のようなエピソードが取り上げられていました。

中央アメリカに探検にやってきたとある調査隊が、現地のネイティヴアメリカンたちをポーターとして雇った。初日から4日、彼らはみな従順でよく働いてくれたので、調査隊の計画通りにことが運んだ。
ところが5日目、彼らは車座になって地面に座り込んだまま動かなくなってしまった。調査隊は賃金アップを提案したが、彼らは黙ったまま動かない。叱ってもだめ。ついに調査隊は武器を持ち出して彼らを脅した。しかし、彼らはやはり、黙って座りつづけたのである。
日程には大幅な遅れが生じたが、調査隊はことの推移を見守るほかなかった。

するとその二日後、だれが命じたわけでもなく、だれが号令をかけたわけでもないのに、彼らは一斉に立ち上がると、荷物を担いで歩き出した。賃金アップを要求することも、仕事の軽減を訴えることもなかった。
ただ、「はじめの歩みが早すぎたのでね、わたしたちの魂があとから追いつくのを待たねばならなかったんだ」とだけ答えた。

「ハッピーマンデー制度」。
自分たちの欲望に「時」を合わせてしまおうという制度ですね。
のろのろ歩きの魂など振り捨ててしまって、迅速機敏な魂を人工的に造り出すことも厭わない世界に、わたしたちは生きている・・・・・・そんな気がします。

「受験」という大がかりな「制度」の日が近づいています。
その先にあなたが待ち望んでいるのは何でしょう?
その先であなたを待ち受けているのは何でしょう?
あなたの後ろにとり残されているのは何でしょう?
待たなければならないものはありませんか?


かへりみればひと日まちゐし栗の飯   森澄雄

時の流れはどうしようもありませんが、こういう心が消えてゆく気がして・・・・・・、寂しいことです。
プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

高木ゼミ関連サイト
今日の日付入りカレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご来場者の方の人数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード