FC2ブログ

個別指導_夏期講習 途中経過報告

7月8日から始まった個別指導の夏期講習も4週間が経過しました。

毎日多くの塾生・講習生で、教室全体がにぎわっています。

授業の前後に自習をする生徒が日を追うごとに増え、学校の宿題を終わらせるべく奮闘している子どもたちもいます。

ある中2の塾生は苦手な英語を「一から学び直したい」ということで、さかのぼって学習しています。

先生の解説を聞き逃すまいとメモに残すなど、何とかして伸ばしたいという意気込みが伝わってくる勉強姿勢です。

もちろん、大勢の中には、最初の意気込みがしぼみかけている生徒もいます。

生徒一人ひとりに寄り添い、その気持ちに一人でも多く応えていけるよう、指導員とともに指導を徹底していきます!


田端先生より

現役上位校合格へのカギは“高2の秋”!

2生のみなさん、受験はもう始まっています。この秋をどう過ごすかで、あなたの母校が変わってしまいます。

そこで…高2生応援の特別料金講座:

現役合格先取りパック

【 現役合格先取りパック 】 50% off
 
3講座パック 90分×24回×3講座

    \122,400 (正規料金\244,800

 2講座パック 90分×24回×2講座
     \81,600 (正規料金\163,200
   (受講期間2020229日まで)

 

大学を目指すなら、【今すぐ】始めることが重要です。英語・数学・古典は2年生で一通り完成させるのが、受験の定石!

    高1基礎英語・高1基礎数学のレベル
    センター試験対策レベル
    東大・京大レベルまで。
    看護系の科目も充実!

面談・体験の上、講座を決定するので安心です。担当の先生に気軽に声をかけて下さい。


重岡先生より

シダ類の「ような」裸子植物

夏期講習の国語の授業中に恐竜絶滅についての文章を読んでいた時です。

その文章は次のような内容でした。
恐竜絶滅の直接の原因は、地球に巨大隕石の衝突だとしても、他に様々な遠因がある。例えば、草食恐竜のエサとなる植物の進化のスピードが恐竜の進化よりはるかに上回っていたことも恐竜の絶滅の原因と考えられる、……。

興味深く読めたのですが、読んでいる最中に「これは…どういうこと?」という文に出くわしました。

  シダ類のような裸子植物と競って大型化の道を歩んできた草食動物が…

シダ類のような裸子植物!
シダ植物は胞子で増えるのだから、種子で増える裸子植物ではないゾ、これは一体どうゆうこと? 授業中に納得できる説明は思いつきませんでした。

休憩時間に早速理科スタッフに尋ねて納得!
恐竜が生息していた中生代にはシダ植物に『見える』裸子植物――「シダ種子類」という分類らしいです――が生息していたとのこと。
「蘇鉄ってパット見、シダ植物でしょ」と。

ナルホド。シダ植物の「ヨウナ」裸子植物、の「ヨウダ」は『例示』ではなく『比喩』だったのです。何のことはない、直前の授業で助動詞「ヨウダ」の区別について説明したばかりでした。
 「エジソンのような発明家」と「氷のような眼差し」の区別はつきますか?「エジソン=発明家」に対して「氷≠眼差し」ですね。間違えやすい(←誰だよ!)から、注意しましょうね。

ホント、ソノ通リ

村上先生より

交通安全

一斉指導の夏期講習が始まって2週目に入りました!
毎日、多くの生徒さんが校舎に通ってくれています。

今日も元気な顔を見せてくれてありがとう!
暑い中だけど、一緒に頑張ろう!

お昼間は、歩きや自転車で来てくれる子も多いけれど、くれぐれも気を付けて!
『交通安全』を心がけて下さいね。
あと、自転車にはしっかり鍵をかけましょう!
先生たちからのお願いです。


高木ゼミ
スタッフ一同

小6受験生の夏、始まる!

駿英会の夏期講習も4日目を終えました。

駿英会生徒の夏期講習授業時間数は約100時間

受験生である小6生にとって、夏はまさに正念場です。

昼の12時30分から授業が始まると、それぞれが学期中にも増して集中して取り組みます。

 

夏期講習ガイダンス時

夏の勉強『目標時間数』を400時間にしよう! と約束しました。

うち100時間は講習授業ですから、自学で300時間

40日で割ると、毎日7時間30分の自主学習を課すことになります。

 

時間数だけが、全てではありませんが

何事にも相応の時間が必要なのも事実

長いようで短い夏休み

 

6年生諸君、暑さに負けず、1日1日を大事にしよう!

この夏、一人ひとりが大きく飛躍してくれることを願ってやみません。

 
尾之内先生より


夏の始まり

今週から夏期講習がスタートしました!
まず初めはPerfect Homework
一気に学校の宿題を終わらせてしまいましょう。

たくさん質問に来てくれたので
早く宿題を終わらそうとするみんなの気持ちがよく伝わりました。(笑)

190724.jpg
(「もうこんなに宿題終わった!」と自慢しあっていました(笑))

中3生は、本日から高校入試突破講座が始まります。
まずは中1・中2の内容から遡って復習をしていきます。
もし忘れている所があっても、まだ大丈夫です‼
この夏を通じて高校入試を突破する準備を進めていきましょう!

長いようであっという間の夏休みです。
『自分に打ち克つ夏』にできるよう、一緒に頑張りましょう!


沖津先生より

1学期期末テスト結果

新舞子校に在籍している中学生のテスト結果がそろいました。

以下に生徒の奮闘ぶりを一部ご紹介します。

下記のテストの結果のうち点数アップについては、普段受講している科目とテスト前の追加受講の科目のみで表しています

Aくん
1位 → 1位 (中間テスト、期末テスト連続1位獲得!)
Bくん
96位 → 94位
Cくん
46位 → 35位(自己最高!)
74点 → 82点〔数学〕
67点 → 78点〔英語〕
Dくん
82位 → 54位
Eさん
47点 → 64点〔数学〕
117位 → 90位
Fくん
66点 → 78点〔数学〕
80点 → 91点〔英語〕
20位 → 10位
Gさん
71点 → 80点〔数学〕
66点 → 78点〔理科〕
73位 → 62位
Hさん
57点 → 80点〔英語〕
60位 → 49位
Iさん
82点 → 94点〔数学〕
59位 → 50位(自己最高!)
Jさん
52点 → 53点〔数学〕(自己最高!)

この結果を出すために、子どもたちは相当な努力をしてきました。
6月26日の勉強会で徹底的に教えてもらったおかげで、今回のテスト結果に表れていた生徒もいます。

塾として当たり前ではありますが、1点でも上がった生徒についてはしっかり「承認」して次のテストも好結果を出せるように導いてあげたいと思います。

田端先生より

いよいよ夏期講習

来週月曜日から、いよいよ夏期講習が本格化します。
1学期の授業の中で、
あるいは懇談で、
または「プレテスト」を受験して、

この夏の「あなた」の学習目標を見つけられたことと思います。

さあ、あとは全力でぶつかっていくのみ!
高木ゼミ全スタッフも、全力であなたを応援します。

「ヒュ~ ストン!」から「ア、ポロッ!!」

ここ数日、TVや雑誌でアポロ計画の番組や特集記事が目につきます。
アポロ11号による人類初めての月面着陸から50年ということだそうです。

フォン・ブラウンの手による巨大なサターンロケット、悲惨な事故に見舞われたアポロ「1」号、奇跡の生還を果たし映画にもなったアポロ13号、そして月面着陸を果たした11号に関する様々な出来事……。有名な『地球の出』の写真は、アポロ「8号」が月軌道から写したものだと始めて知りました(というか、アポロ8号が初めて月軌道に到達したということ自体も知らず、この写真も11号かそれより後に撮ったものだと思っていました…)。

190717.jpg


ミッションの成功に向けての急速な技術革新やそれに携わる人々のドラマ、帰還を果たした宇宙飛行士の価値観や人生観の変化……。ついつい見入ったり、読んだりしてしまいます。

私が幼いころの記憶です。
何回目の打ち上げなのが定かなことは覚えていませんが、
『ヒユ~ ストン!』(↷)の基地から『ア、ポロッ!!』を打ちあげるって話を聞いて

果たして、これはうまくいくのだろうか

幼いながらにそう思っていました。

村上先生より

あれこれ考える夏

3か月ほど前から、ダイエットをしています。
目標まで、あと150グラム。あとひと踏ん張りです。

ダイエット期間中、心に決めていたのは、
『ムチャしない』ことだけ。
健康をそこねては、ミもフタもありませんから。

日々、体重計とにらめっこしながら、あーでもない、こーでもない……
 試してよかったこと
 反省点や試したことの改善点
などを振り返り、考えながら取り組んでいました。
おかげで、苦しむことなく楽しんで目標を達成できそうです。

そこのアナタ
ここから先、時間的な余裕も少しできるハズ。
自身の学習の進め方を振り返って、
 「あーでもない、こーでもない」
と、考えたり、色々と試しながら勉強を進めてみませんか。
その『試行錯誤』は、アナタを必ず育ててくれますよ。
悩んだら、いつでも相談に来てネ。待ってます。

アナタは、決してひとりじゃない。


外山先生より

プロフィール

Author:高木のせんせい
知多市、常滑市に校舎展開をしている進学塾高木ゼミのブログです。
お越しいただきありがとうございます。

今日の日付入りカレンダー


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご来場者の方の人数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード